トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

【MOVIE】スタンドアップ

雨上がりの夜。。。

いつもみたいに乾燥して風がビュンビュン吹いているのとは違って、空気が柔らかい。

ちょっと潤ったかんじ☆

今日も最近観た映画を紹介します。

事実に基づいた映画や本ってすごく興味があるんだけど、これはその中でも秀逸。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『スタンドアップ公式HP

人生は、すべてがうまくいくとは限らない。そして時には、何もかもうまくいかないこともある。
暴力夫とは別れたばかり、シングルマザーに向けられる冷たい視線、彼女の生き方に背を向ける息子。
さらに、鉱山という“男の職場”で働き始めた彼女を待っていたのは、度を越えた嫌がらせと耐えがたい屈辱。
友人さえ離れていく逆境の中で、いったい何が出来る?
そんな彼女が起こしたたったひとつのアクション。
それは理不尽な現実に“NO”と言って“立ち上がる”こと。
監督      ニキ・カーロ
主なキャスト シャーリーズ・セロン
         フランシス・マクドーマンド
         ショーン・ビーン
         リチャード・ジェンキンス
          ジェレミー・レナー
         ミシェル・モナハン
         ウディ・ハレルソン
        シシー・スペイセク

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お気に入り度  ★★★★★

静かな力強さに、涙が止まりませんでした。

セクハラ訴訟を中心に、主人公を取り巻く人間関係がとてもうまく組み込まれている。

でも、単なるお涙頂戴の感動ものという感じはしなくて、小気味良いという印象。

重く陰鬱になりがちなストーリーに対して、音楽が結構明るいのです♪

そして、悩んで落ち込んで、ときには涙も見せる主人公がときたま見せる笑顔。

そういう演出が私のツボでした。

人間ってどん底にいると思っていても、大切な人にだけは笑顔を見せたりするんだなぁ・・・。

この手の映画が興行的に成功しにくいことは予想していたけど、こういう映画こそ多くの人に見てほしい。

久々にじっくりと考えさせられて、心から観てよかった!!と思えた映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

【MOVIE】プライドと偏見

昨日、『プライドと偏見』を観てきました。

魅力的な現代っ子であるキーラ・ナイトレイと、古典文学の融合???

観たい!!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

プライドと偏見』公式HP

ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化したラブストーリー。
18世紀末のイギリスの田舎町。5人の姉妹が母親と暮らすベネット家の近所に、資産家ヒングリーが引っ越してくる。  次女エリザベスはヒングリーの親友ダーシーに出会い、その高慢な態度に反感を抱くが・・・。

監督      ジョー・ライト
主なキャスト  キーラ・ナイトレイ
         マシュー・マクファディン
         ブレンダ・ブレッシン
         ドナルド・サザーランド
         ジュディ・デンチ

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お気に入り度  ★★★

身分違いの恋っていつの時代も普遍的に存在しているけど、なんとなく私には遠い世界。

そもそも女性は資産家と結婚することが幸せへの道・・・っていう時代に共感することが難しかったです。

それだけ、女性の権利が認められるようになった時代に生きているっていうことかな。

身分の高い男性に恋をしたキーラ演じるエリザベスは、勇気ある女性だと思う。

もし身分の違う人に恋をしたら、自信をなくして萎縮してしまうか、卑屈になってしまいそう。

愛のある結婚をしたいと願う、ゆるぎない信念があったからこそ出来た恋だと思います。

キーラは『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『キング・アーサー』、『ドミノ』・・・

どれも、強い信念を持った役がとても似合う女優さん。

素敵です☆

建物も風景もすべてイギリスロケで撮影したそうで、この映像美はお薦め。

音楽も、ピアノの旋律が絶妙のタイミングで加わってきて、全体を通した繊細さが良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

開設記念日

ようやく念願のブログを開設しました♪

ちゃんと管理していけるのか不安も抱きつつ・・・ですが、日々精進していきたいと思います。

このブログには、私が日々感じていることを綴っていくつもりです。

できれば大好きな映画に絡めつつ。

映画が好きと言っても、私の映画の見方はなんとなく偏りがある気がしています。

最近は邦画も観るようになったけど、基本的に洋画が好き。

アジア発の映画は食わず嫌い・・・(スミマセン)

作品選びも、まずは気に入った俳優さんを制覇しよう!という入り方なので、自分でも「それはどうなの?」と思っていたりするのです。。。

これを機に、もっと視野を広げてより多くの良い作品に出会い、そして自分らしい視点でこの手紙を綴っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »