« 【MOVIE】博士の愛した数式 | トップページ | 【DRAMA】功名が辻(第6話) »

2006年2月12日 (日)

【BOOK】ブラフマンの埋葬

ペットは金魚と熱帯魚くらいしか飼ったことないけど、犬を飼いたいなぁと常々思っています。
でも、動物はいつか死んじゃうんだよね・・・。
ペットって、変な駆け引きや見返りを求めることなく、無条件で愛せる対象のような気がします。
無条件で愛せる相手がいるっていうだけで、その存在が癒しになるし、幸せだと思う。
そんな関係を描いた『ブラフマンの埋葬』を紹介。
映画『博士の愛した数式』の原作者、小川洋子さんの作品です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
『ブラフマンの埋葬』 小川洋子/講談社 Book_3

ブラフマンが何の動物なのかは、最後まで明かされないまま。
最後にはわかるだろうと想像を膨らませていただけに、ちょっとがっかり。
でも、ブラフマンは“ブラフマン”なんだろうと思います。
周囲の人はブラフマンに悪意を向けるけど、主人公“僕”はそんなことは気にしない。
彼にとってブラフマンは無償の愛を注げる友達で、愛しくてたまらない。
全編“僕”の視線で語られるその文章は、ブラフマンを愛しく思う気持ちで溢れています。
読んでいると自分までブラフマンが愛しく思えてくるから不思議。
物語は日々の暮らしを淡々と語っていく。
にもかかわらず、小川さんの書く文章は瑞々しくて美しく、そして優しさに満ちています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

映画『博士の愛した数式』を観て、原作を読み返したい衝動に駆られています。
映画の公開後、再び原作本がかなり売れているというから、同じように感じた人が多いのかも。
孤独を感じたとき、日常に疲れたとき、ぜひ小川さんの作品であったかい気持ちになりたいものです。

|

« 【MOVIE】博士の愛した数式 | トップページ | 【DRAMA】功名が辻(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/685239

この記事へのトラックバック一覧です: 【BOOK】ブラフマンの埋葬:

« 【MOVIE】博士の愛した数式 | トップページ | 【DRAMA】功名が辻(第6話) »