« 【MOVIE】星になった少年 | トップページ | 【MOVIE】オーケストラの少女 »

2006年2月 6日 (月)

【BOOK】白い巨塔

私が好きな作家の名前を一人挙げるとすると、山崎豊子さん。
『白い巨塔』はもう40年ほど前の作品ですが、最近初めて読みました。
2003年にテレビドラマがリメイクされたときには、再びブームになったのが記憶に新しい。
でも、当時はドラマを観る前にどうしても原作が読みたかったので、今頃マイブームが来ました・・・。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
『白い巨塔』 山崎豊子/新潮文庫
Book
山崎さんのリアリティ溢れる描写に、最後の1章は涙が止まらなくなりました。
この作品で感動するところは、手段を選ばず名声と権力を手にしようとする財前五郎が、
死の目前では恐れを抱き、後悔の念に苛まれる姿。
そして、それでもなお上を見ようとする人間らしい姿です。
一環したテーマのひとつとなっている“命の尊厳”が詰め込まれている気がしました。
医師の封建的な社会を象徴する白い巨塔。
ですが、こういった社会は医師の世界だけではないと思います。
人間の醜さと同時に、人間の美しさをも描くのが山崎さんの最大の魅力です。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


この本を読破した後、リメイク版のテレビドラマも観ました。
舞台が現代になっていて設定も変わっているけど、原作の良さがちゃんと映像化されていましたね。
原作に比べて財前と里見の友情や、財前とケイ子の関係にドラマ性が増していて、
こちらも最後は号泣でした・・・。
山崎豊子さんの比較的最近の作品『沈まぬ太陽』も、いつか映像化されないかな。

|

« 【MOVIE】星になった少年 | トップページ | 【MOVIE】オーケストラの少女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/631528

この記事へのトラックバック一覧です: 【BOOK】白い巨塔:

« 【MOVIE】星になった少年 | トップページ | 【MOVIE】オーケストラの少女 »