« mixiはじめました | トップページ | 【MOVIE】皇帝ペンギン »

2006年2月14日 (火)

【MOVIE】ディープ・ブルー

blogタイトル“深海からの手紙”は、この映画が由来と言えなくもありません。それだけじゃないけど・・・。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『ディープ・ブルー』スペシャル・エディション + サウンドトラック

お気に入り度 ★★★★★

Dvd_3 こんな映画があるんだ!と、ものすごい衝撃を受けたとともに感動した作品。
海の生態をリアルに映し出す映像の美しさと迫力が、とにかく素晴らしい。
映画館で観る価値が十二分にある作品だったと思います。

ビッグウェーブに鳥肌が立ち、シャチの狩に息を呑む。
奇妙なカニたちの動きに笑みがこぼれ、光の届かない深海では思わず息を潜める。
一貫したストーリーはないながらも、海の生き物たちの生態がとてもドラマチック。
初めて映画館で観たときは、始終口がポカンと空いていました。。。

Photo_1 わずかなナレーションだけでこのドラマが成り立つのは、音楽というエッセンスが巧みに使われているため。
この音楽が本当にいい。
ジョージ・フェントンの作曲、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が初めて映画音楽を収録したことでも話題になりました。
海の持つ“静”と“動”を、豊かな躍動感で表現している名曲ばかり。

もちろん、私は映画を観終わって即サントラを購入♪
最近はテレビの動物番組なんかでもよく使われているので、実は聴いたことがあるひとも多いはず。

名優も子役と動物には勝てないって言うけど、本当にそう。
自然の神秘には勝てません。
だって、海の底の底まで行った人は、宇宙に行った人よりも少ないんだよ。
海は宇宙よりも遠い。
地球が“奇跡の星”と呼ばれるのがわかった気がした。
私ってなんてちっぽけなんだろう・・・。

百聞は一見に如かず、ぜひ観て欲しいです。
DVDでは映画館の迫力や臨場感が伝わらないのが残念だけど。
映画もサントラも、それぞれ私のBEST3に入る秀作です。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

次回は、同じくドキュメンタリー映画で昨年大ヒットした『皇帝ペンギン』について。

|

« mixiはじめました | トップページ | 【MOVIE】皇帝ペンギン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/710239

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOVIE】ディープ・ブルー:

« mixiはじめました | トップページ | 【MOVIE】皇帝ペンギン »