« 【MOVIE】ディープ・ブルー | トップページ | 水族館が好き »

2006年2月15日 (水)

【MOVIE】皇帝ペンギン

『ディープ・ブルー』に続いて、ドキュメンタリー映画『皇帝ペンギン』。
極寒の南極大陸に生きる皇帝ペンギンの生態を捉えた感動のドラマ。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『皇帝ペンギン』プレミアム・エディション

お気に入り度 ★★★☆

Dvd_6 お気に入り度の内訳は、内容が★★★、可愛さで☆1つおまけ。
とにかく子ペンギンたちが可愛い!!思わず顔がほころんでしまうほど。
大人のペンギンも、並んでよちよち歩いてる姿や、氷の上をお腹でスーって滑っている姿がとってもユーモラス。
求愛行動とか、子ペンギンが親のお腹の下にかくれようとする姿とか、なんだか行動が人間にそっくりで親近感が湧きました。

ドキュメンタリーと言っても、この映画はあるペンギンの親子の気持ちを語りながら進むという物語仕立て。
好き嫌いの問題だけど、私は動物の気持ちを擬人化して語るという手法があんまり好きじゃない。

そのうえ、劇場で観た時は吹替え版だったため、すごく違和感があって興醒めでした・・・。
もともと題材にドラマ性があるから、最小限の解説だけでも良い作品になった気がします。
ストーリーといいナレーションといい、少し作りこみな感はあるけど、子供と一緒に観るには良さそう。

当然と言えば当然だけど、本編はすごく美しく作られています。
DVDの特典ディスクに入っているメイキング映像は、本編よりずっと衝撃的。
本編では少ししか出てこない捕食シーンも、メイキングではありのままの壮絶さが伝わる映像になっています。
“ドキュメント”という意味では、メイキングの方がリアル。
リアルな分、小さいお子さんにはショックが大きくてトラウマになってしまうかも・・・。

音楽は評価が分かれるみたいだけど、私にとっては新感覚でした。
フランスの新鋭エミリー・シモンによる、南極の氷や澄み切った空気をイメージした繊細なサウンド。
独特の世界観で、南極という非日常的な雰囲気が出ていたのがよかった。

全体を通して、ナレーションにはちょっとがっかりしたけど、ペンギンの生命力、絆の強さには素直に感動できました。
そして、子ペンギンたちの愛くるしさに、間違いなく癒される映画です。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『ディープ・ブルー』、『皇帝ペンギン』などの先駆け的存在である『WATARIDORI』もすごく気になる。。。
次のターゲットは『WATARIDORI』にしようかな。

|

« 【MOVIE】ディープ・ブルー | トップページ | 水族館が好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/720166

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOVIE】皇帝ペンギン:

» 『皇帝ペンギン』 [サミームービーストック]
 2005年最後の映画は、めちゃくちゃ過酷な皇帝ペンギンのドキュメンタリー。  2005年のフランス映画でリュック・ジャケという人が監督。映画は今時珍しいくらい短くて86分。短い中でテンポよく皇帝ペンギン家族の一生のサイクルが凝縮されています。  ...... [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 21時14分

« 【MOVIE】ディープ・ブルー | トップページ | 水族館が好き »