« ミニシアター系映画 | トップページ | 【BOOK】ブラフマンの埋葬 »

2006年2月11日 (土)

【MOVIE】博士の愛した数式

原作を初めて読んだとき、心が洗われるようなある種の衝撃を受けました。
映画はひとりで観ることも多いけど、この映画を観るときは誰かと時間を共有したかったんです。
なので、会社で仲良くしてもらっている先輩と、時間を共有してきました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『博士の愛した数式』公式HP

第1回本屋大賞を受賞した小川洋子さんのベストセラー小説の映画化。
交通事故により80分しか記憶がもたない数学博士のもとに、身の回りを世話をする新しい家政婦がやってきた。
若き家政婦は10歳の息子を育てるシングルマザー。
「君の靴のサイズはいくつかね。」
毎日繰り返されるこの奇妙な応答は、博士のあみ出した他人との交流方法だった。
博士は彼女の息子を「ルート」と名づけ、博士と家政婦とルートの静かで暖かい日々が始まった。

監督      小泉堯人
主なキャスト  寺尾聰
         深津絵里
         吉岡秀隆
         齋藤隆成
         浅岡ルリ子

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お気に入り度 ★★★★

繊細で優しい時間が流れているような映画。
博士と家政婦の関係、博士とルートと関係、ルートと母親の関係、すべてが繊細だけど暖かい。
記憶が80分しかもたない博士の一言一言がとても美しく、“芸術的”という言葉がふさわしい。
数式なんていうと身構えちゃう人も多いと思うけど、それは理論や理屈なんかではなく、ちょっと神秘的で運命的なものさえ感じさせます。
何気ない日常の中だからこそ、今をありのままに受け止めて、真実に向き合って生きる大切さを教えてくれました。
博士はルートを大切に思うあまり、ちょっと過剰に心配してしまう。
そんなところがたまらなく可愛くて、大きな愛を感じました。
原作とはちょっと違う部分もあったけど、原作の優しさ、暖かさは損なわれていないと思う。
観れば気持ちが優しくなる、ちょっとしたことが大切に思える・・・そんな気がしました。

|

« ミニシアター系映画 | トップページ | 【BOOK】ブラフマンの埋葬 »

コメント

同じ映画を見た者として、つたないですが感想を・・・。
この映画の素敵★と思ったところは、特に大きな事件がないにも関わらず、その世界に惹きつけられ、自分もその穏やかな空間を共有いしている気分にさせてくれるところです。
家政婦の深津絵里が博士の家に行くため、自転車を漕ぐ姿ですら心が暖まります。
久しぶりに素敵な時間を過ごすことができた気がしました。

投稿: mrk | 2006年2月11日 (土) 20時23分

コメントありがとうございます★。.:*:・'゜
こういう映画ってなかなかないですよね。
日常のちょっとしたことに感動できるって素敵だと思います。
原作もまた素敵なので、是非読んでみてください♪

投稿: rie | 2006年2月12日 (日) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/677104

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOVIE】博士の愛した数式:

« ミニシアター系映画 | トップページ | 【BOOK】ブラフマンの埋葬 »