« 【DRAMA】功名が辻(第11話) | トップページ | 【BOOK】チョコレート工場の秘密 »

2006年3月21日 (火)

【MOVIE】チャーリーとチョコレート工場

チョコならビターが好き。
ミルクチョコレートでも、上品な味が好き。
でもたまに、ちょっと変り種のチョコも食べてみたくなる・・・この映画はそんな感じ。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『チャーリーとチョコレート工場』

お気に入り度 ★★★☆

Dvd_16私の好きなティム・バートン監督とジョニー・デップのタッグ。
超ハイテンションな映画です。
お菓子の国のようにカラフルな映像に、一度聴いたら忘れられない音楽にダンス!
話は単純でワンパターンで、しかも相当クレイジー。
でも、なぜか一度観たらはまっちゃう映画。
決して冷めた目で見てはいけません。

こんなクレイジーな映画の何が好きかって、それはティムワールドだからに過ぎません。
これが無名監督に無名俳優だったら、楽しめる映画にはならなかったと思う。
チョコレート工場にひとたび足を踏み入れるとポップな世界が広がるけど、オープニングの雪景色だけ観ると、まるで別の映画みたい。
その静けさと美しさが、小さな幸せを求めているチャーリーを象徴しているよう。
このギャップがティムワールドの良さなんだと思います。

ティム・バートン映画にジョニー・デップが欠かせないのと同じくらい必要なのが、ダニー・エルフマンの音楽♪
この映画でも色んなジャンルの音を聴かせてくれています。
特にチョコレート工場に入ってからの音楽は、すっごく耳につく。
きっと子どもが観たらすぐに覚えて踊っちゃうと思います。
この映画のサントラ、結構売れたらしいです。
これもクレイジーなんだけどね・・・。

チャーリーを演じた子役、フレディ・ハイモアくんが本当に巧い!!
・・・巧さというか、本当に純粋なオーラを持っているんです。
同じ子役でも、ダコタ・ファニングは演技の巧さで純粋さすら“演じて”いるという感じ。
でも、フレディは無垢な瞳をしているのがいい。
『ネバーランド』も『トゥーブラザーズ』も良かったよ。

ティム・バートン監督お得意のブラックユーモア満載で、誰にでも薦められる映画ではないと思う。
でも、「これがティムワールドなんだ!」って思えば楽しめるはず。
テンションを上げたいときに観るといいかも。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

チョコレートが出てくる映画と言えば、これまたジョニー・デップが出演している『ショコラ』があります。
こっちはビター。上品で私の大好きな味。
でも、そのお話はまた今度。

|

« 【DRAMA】功名が辻(第11話) | トップページ | 【BOOK】チョコレート工場の秘密 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/1115195

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOVIE】チャーリーとチョコレート工場:

« 【DRAMA】功名が辻(第11話) | トップページ | 【BOOK】チョコレート工場の秘密 »