« 【DRAMA】功名が辻(第9話) | トップページ | みゅーじっくらいふ »

2006年3月 8日 (水)

【MOVIE】愛と死の間で

『シャレード』につづき、またまたちょっと懐かしいサスペンス。
と言っても、1991年だからそれほど古いわけじゃないけど。
中学生のときの私だったら、怖くて観られなかったかも。
今は全然怖くはない・・・私も大人になりました。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『愛と死の間で』

お気に入り度 ★★★★

Dvd最後まで犯人像がつかめず、裏の裏をかいたような演出には脱帽。
どんでん返しの連続も無理がなかったし、計算しつくされた感じがしました。
前世からの因縁という題材は一歩間違えばすごく嘘くさくなってしまうと思うけど、この作品では上手に、そして綿密に、現世と繋がっていました。
展開を暗示するモチーフの小物(はさみやアンクレットなど)が効果的に使われていて、すごく私好み。

キャストも結構すごいです。
ケネス・ブラナー、エマ・トンプソン、アンディ・ガルシア、ロビン・ウィリアムス・・・。
華があるタイプではないけど、味のある実力派俳優が勢揃い。
ケネス・ブラナーって今までかっこいいと思ったことはなかったけど、ローマンを演じるケネスはキリっとして素敵でした。
ちなみに、この作品の監督も努めたケネス。
良い俳優さんは、監督をしても良い作品を作る・・・と思います。

この映画の原題は『DEAD AGAIN』。
そのまま邦題にすれば良かったのにな・・・。
実は、この作品の存在は知りつつも今まで観る機会がなかったのは、タイトルに惹かれなかったから。
知人に薦められなかったら見ていなかったかも。
最近は原題をそのまま邦題にすることが結構多いけど、昔はわりと無理やりにでも邦題をつけていたそう。
だけど、原題のままの方が絶対にインパクトが強いと思うものもあるし、せっかく内容が面白くても、邦題が陳腐だとちょっとがっかりします。
最近の作品でも、つっこみを入れたくなるような邦題はあるけど。(例えば『ITALIAN JOB』⇒『ミニミニ大作戦』とか!)
タイトルって大事。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『シャレード』、『愛と死の間で』・・・と、ちょっと古いサスペンスものにはまっています。
知人がお薦めしてくれたからだけど、こういうのを続けて観ていると、ふと軽い作品が観たくなる。
次は何にしようかな♪

|

« 【DRAMA】功名が辻(第9話) | トップページ | みゅーじっくらいふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/961320

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOVIE】愛と死の間で:

« 【DRAMA】功名が辻(第9話) | トップページ | みゅーじっくらいふ »