« 【BOOK】ダ・ヴィンチ・コード | トップページ | 50日 »

2006年3月17日 (金)

Pre★ホワイト・プラネット

昨年、一昨年の『ディープ・ブルー』、『皇帝ペンギン』に続き、今年も来ます。
地球上のもうひとつの惑星、北極を舞台にした『ホワイト・プラネット』。
消滅の危機に瀕した氷の王国に生きる動物たちの命をかけたドラマです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『ホワイト・プラネット』

Pre ヨーロッパ、ユーラシア、アメリカの3大陸を繋ぐ、海に浮かぶ氷の王国、北極。
165万年前の氷に覆われた厳しい自然の中で多くの動物たちが生を営む、地球上のもうひとつの惑星。
その北極が今、地球の変化により消えようとしている。毎日数千トンもの氷が海に沈み、70年以内に北極はなくなってしまうかもしれない。
「ホワイト・プラネット」は消滅の危機に瀕した北極で、それでも懸命に命をつなごうと逞しく生きる動物たちの感動スペクタクルです。
マイナス50℃での命をかけたホッキョクグマの子育て、神秘の牙でメスをめぐり闘うイッカク、繁殖地とエサを求め1000キロの危険な旅に挑むカリブー、氷河期の生き残りジャコウウシの壮絶な縄張り争い、生まれてわずか3週間で親から離れ、大洋に泳ぎ出る子アザラシ・・・。
傷つき、壊れかけた氷の王国で、生きるために、消え行く世界に立ち向かう動物たちの勇気や希望、そして美しさを心に焼きつけてください。

2006年夏公開予定

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

世界の海、南極、そして北極・・・こういうドキュメンタリー映画の舞台になるこれらの地は、神秘に包まれている。
宇宙旅行に行く時代になっても、マリアナ海峡旅行に行く人はいないし、北極にイッカクウォッチングに行こうなんて聞いたことがない。
日常にはない神秘こそが、こういう映画の魅力だと思います。
環境問題というちょっと説教臭い部分もありそうだけど、でもそれが現実。
普段の生活では目を向けることのない世界に、ちょっと目を向けてみるのもいいと思います。

Pre_1 予告編では、ホッキョクグマの子どもがすごくかわいくて惹かれました。
白くて、ふわふわで、ころころしてる。
でも、かわいいホッキョクグマ以上に好奇心をくすぐられたのはイッカクでした。
あのまっすぐで長い角!
ユニコーンみたいな、神話の世界を想像してしまいます。
あんな角でひと突きされたら死んじゃうんじゃないかな・・・。
未知の世界の神秘を覗けるのが今から楽しみ♪

|

« 【BOOK】ダ・ヴィンチ・コード | トップページ | 50日 »

コメント

こんばんは!

〝イッカク〟写真ですが、初めて見ました!
結構、ポチャリタイプなんですね。
スリムなものを想像していた私には衝撃でした。

生で見たら結構迫力ありそうな感じで、意外に『北極でイッカクを見てみようツアー』なんてものそのうち出てきたりして(笑

投稿: TenaxTA | 2006年3月18日 (土) 00時19分

>TenaxTAさん
コメントありがとうございます。
確かに・・・ぽっちゃりタイプです(笑
『北極でイッカクを見てみようツアー』ができたら、是非行きたいですね♪
命がけのツアーになりそう・・・。
考えてみたら、宇宙旅行も命がけのようなものだし、意外と人気が集まるかも?!

投稿: rie | 2006年3月18日 (土) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/1071105

この記事へのトラックバック一覧です: Pre★ホワイト・プラネット:

« 【BOOK】ダ・ヴィンチ・コード | トップページ | 50日 »