« ゴールデン・ウィーク | トップページ | 【MOVIE】レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 »

2006年5月 1日 (月)

【DRAMA】功名が辻(第17話)

一豊と千代に女の子が誕生しました!
「よね」と名づけられた赤ちゃん、かわいいけど産まれたばっかりなのに髪がふさふさしすぎじゃない?
新しい命の誕生は結構あっさりと描かれていたけど、それでもやっぱり子どもっていいなぁと思うものです。
たまに男に生まれたかったと思うこともあるけど、子どもが産めるということを考えただけで、女性に生まれてなんて幸せなんだろうって思える。
それに、子どもを見るときって優しいおだやかな気持ちになれる気がします。
よねを見つめる一豊や千代の目もすごく優しい。

秀吉の妹で、前回夫を亡くしたあさひ。
すっかり気力を無くして、抜け殻のようになってしまったあさひに、「子どもに戻ってください」と説く千代。
子どものようにお腹が空いたら泣き、泣きつかれたら眠り、怒りたい時は怒る・・・素直に感情を出すことは生きること。
確かにそのとおりで、大人になればなるほど素直にそういうことが出来なくなってくるんじゃないかな・・・。

古いものを打ち壊し、神仏さえ尊ぶ心を忘れてしまった信長に、「人の心を忘れてはなりませぬ!」と忠言する妻のうが力強かった。
信長に正しいことを意見できるのは、もはやのうしかいない。
改めて、戦国の世を支えたのは武将の奥方たちなんだなぁ・・・と感心してしまいました。
和久井映見さんってあまり強い役柄の印象はないけど、母性を感じさせる雰囲気がとっても素敵です。

明智光秀の娘で、後の細川ガラシャとなるたまが美しい大人の女性に成長した姿で登場。
演じているのは長谷川京子さん。
今まで長谷川京子さんの出演しているドラマってあまり真剣に見たことないけど、なんとなく芯の強い女性が似合う気がする。
仲間由紀恵さんが演じる千代は素朴さだったり可愛さが魅力だけど、たまはキレイ。
凛とした感じがいいです。
つくづく女性の魅力がたっぷりなドラマですね・・・男性のキャラクターにあまり魅力を感じないのはなんでだろう?
細川ガラシャにはちょっと興味があるし、サイドストーリーとしても面白そう。
注目です。

|

« ゴールデン・ウィーク | トップページ | 【MOVIE】レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/1638487

この記事へのトラックバック一覧です: 【DRAMA】功名が辻(第17話):

» 長浜 夫婦ゆったり二人旅 [うきうき日記]
4月30日(日) JR長浜駅に10時34分着、 ここから2泊3日の旅の始まりです。 気分はもう一豊・千代。 〜1日め〜 [:曇り:]時々[:雨:] 長浜城歴史博物館と、 ぼたんで有名な総持寺へ 巡回バスで行く事にしました。 ところが、 乗っているのは私たち二人だけ おまけに、 ボランティアのガイドさん付き   これはやばーいよ          < これは困ったものでございまする(千代) > 運転手入れても4人じゃん         ... [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 14時15分

« ゴールデン・ウィーク | トップページ | 【MOVIE】レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 »