« 白薔薇 | トップページ | 【BOOK】東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ »

2006年5月16日 (火)

【DRAMA】功名が辻(第19話)

信長を見限れと一豊を説き伏せようとする六平太に、思わず拍手を送りたくなった。
回を追うごとに乱心ぶりを増していく信長。
今回は安土城が完成し、なんと天守に住み始めます。
一豊は頭が固いのか、信長に望みを持っているのか、六平太の言葉に頑なな態度を貫く。
それでも秀吉、一豊、光秀、そして妻である濃までもが、信長に不信感を抱いているのは見て取れる。
不信感だけじゃない。
そこには、かつて輝かしく見えていた人物がよどんで見えたときの悲愴感があると思います。

最近、毎回ドキドキして観ているのは、明智光秀がいつ、どうやって信長に反旗を翻すことになるのか。
歴史に無知な私はその過程を知らないので、ちょっと楽しみ。
一豊と千代のエピソードよりも面白そう。
次回の予告では「迷いがないのは信長様だけかもしれぬ」という光秀のセリフ。
以前から見せている光秀の微妙な表情からも、迷いを抱いていることは言うまでもないし、毎回まだかまだかと待ち構えています。
そしてそのとき、一豊はどうするのか?

このドラマでは、各地の城下町がどうやって出来ていったのかということも解説してくれています。
今までそんなことに興味を持ったこともなくて、外国の古い街並みばかりに憧れを持っていたけど、これも知れば面白い。
学校の社会の授業も、こんな風に面白ければ良かったのにな。

|

« 白薔薇 | トップページ | 【BOOK】東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/1819923

この記事へのトラックバック一覧です: 【DRAMA】功名が辻(第19話):

« 白薔薇 | トップページ | 【BOOK】東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ »