« Pre★ホワイト・プラネット(続報) | トップページ | 【BOOK】オリビア »

2006年5月30日 (火)

【DRAMA】功名が辻(第21話)

いよいよ千代が才覚を発揮しました。
一豊が一目ぼれ(?)した竜のような目をした馬を、千代が嫁入りの際におじから受け継いだ黄金十両で買い取ろうと。
黄金十両って、今で言うとどれくらいなんだろう・・・。
解説でも莫大なお金くらいにしか言っていなかったけど、それで一豊の名を上げたというから、相当な額ということでしょう。
現代でそんなお金の使い方で有名になったら、むしろ狙われるんじゃないかと思うけど。
十両で馬を手に入れた一豊の表情は、上川さんの素じゃないかと思うほど、本当に嬉しそう。
千代が一豊を影から支えたと言われるのは、何をしてあげたというのではなく、こういう精神的な理解と励ましだったと思います。
時代は違うけど、きっと結婚生活には生涯そういうものが一番大事なんじゃないかな。

信長は人を捨て、神になろうとしている。
案じるお濃と光秀にもどんどん影が傾いてきた感じ。
来週の予告では、いよいよそれも佳境になる様子。
かなり楽しみです。

|

« Pre★ホワイト・プラネット(続報) | トップページ | 【BOOK】オリビア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/1994398

この記事へのトラックバック一覧です: 【DRAMA】功名が辻(第21話):

« Pre★ホワイト・プラネット(続報) | トップページ | 【BOOK】オリビア »