« コミュニケーションを円滑にする技術② | トップページ | 【MOVIE】ホワイト・プラネット »

2006年6月23日 (金)

2006FIFAワールド杯 ブラジルvs日本(4-1)

4-1で日本決勝トーナメント進出ならず・・・。

ブラジルってすごいなぁ~。
思わずため息。
昨日も仕事で遅くて眠い目をこすりながらも、スピードが違うし、パスが面白いように繋がるのが楽しくて魅入っていました。
クロスのパスなんかは教習ビデオみたい。
ブラジルはいい距離で一瞬でも自分の前に隙ができれば確実にシュートを打ってくる。
卓越した個人技能は観ていて気持ちがいいです。
キーパーの川口がすごくよくボールに触りにいっていて、かなり助けられた場面が多かった。
ディフェンスがきちんとつめていれば、隙間からシュートを打たれてもコースが限定される。
前半の前半はそういう良いディフェンスもあったんだけどな・・・。

前半34分、玉田から一瞬の隙をついたシュート!
私的には予想外の日本先制。
これで日本の士気が上がったとともに、ブラジルを本気にさせたんじゃないかな。
時間が経つにつれてディフェンスのつめが甘くなり、受身のサッカーになってしまった気がします。
前半ロスタイム、露名独活のヘディングシュートで同点に追いつかれたあとは、セットプレーで上手く左右に振られたり、ディフェンスが低いときに打たれたシュートであっという間の逆転。
後半14分でブラジルに3点目が入った後は、「まだまだ何点でも入りそう・・・」と思って半分くらいは眠りに落ちてしまいました。

日本は決勝トーナメント進出は叶いませんでしたが、決勝トーナメントでは予選よりさらに熱い闘いが観られそう!
・・・でも、時差があるからあんまり観られないけど。
優勝の行方には注目したいと思っています。
日本にとっては、次は2010年。
南アフリカ大会ではぜひ決勝トーナメント進出を目指して頑張って欲しいな。

|

« コミュニケーションを円滑にする技術② | トップページ | 【MOVIE】ホワイト・プラネット »

コメント

最近、めっぽうコミュニケーション不足によるボキャブラリー力低下が著しい私です。
ということでまずは身近なところでリハビリのために参加してみました。

ええ、とにかくサッカーです。コメントは人それぞれですね。私にはサッカーについてとやかくいえるほど詳しくないので、試合の内容よりも、選手の表情やメンタルめんに心動かされます。

でも、期待は4年後ですね。お金ためて南アフリカ行っちゃいます??なにせ私たちはエジプト行きに関してもかつて契りを交わした者同士ですから。
日本にはがんばってもらいたいですね。

投稿: miccox | 2006年6月25日 (日) 10時25分

>miccoxさん
コメントありがとう♪
これ、リハビリなんだ(笑)

サッカーにしても何にしても、スポーツは自分のメンタルとの闘いでもあるもんね。
私もハンドボールをやっていた時は、人が変わったようでした・・・。

4年後に向けて、「アフリカ大陸貯金」でもする?!
エジプト経由して南アフリカへ・・・!
それもいいね♪

投稿: rie | 2006年6月25日 (日) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/2340557

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールド杯 ブラジルvs日本(4-1):

« コミュニケーションを円滑にする技術② | トップページ | 【MOVIE】ホワイト・プラネット »