« コミュニケーションを円滑にする技術① | トップページ | 【DRAMA】功名が辻(第24話) »

2006年6月19日 (月)

2006FIFAワールド杯 日本vsクロアチア(0-0)

やっとの勝ち点1。
なんだか観ていてすごくストレスの溜まる試合だったなぁ・・・。
両者とも決定力に欠けていたし、後半の残り10分くらいは完全に疲れきって精彩を欠いていました。

見せ場だったのは前半のPKを川口選手が止めたところくらい?
あれには思わず拍手を送りました。
サッカーのPKは、ハンドボールで言ったらペナルティ・スロー(PT)。
キーパーだった私は、PTのときの緊張感がすごく好きでした。
本来キーパーの方が不利な立場だけど、心理的なプレッシャーは打つ方が大きいと思う。
打つ方にとってはここで決まらなかったらブーイングだし、キーパーにとっては入れられて当然、止めたらヒーロー。
そういう状況だったら、冷静に相手の胸のうちを読めるのはキーパーの方かもしれない。

試合後のインタビューで、中田選手が「勝てる試合をまた落とした」と言っていました。
観ているほうとしても、本当に煮え切らない感じ。
粘って欲しいところで粘りきれませんでした。
次はブラジル戦。
どっちみち、もう失うものはないんだし、捨て身で気持ちのいいサッカーを見せて欲しいな。

|

« コミュニケーションを円滑にする技術① | トップページ | 【DRAMA】功名が辻(第24話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/2284163

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールド杯 日本vsクロアチア(0-0):

« コミュニケーションを円滑にする技術① | トップページ | 【DRAMA】功名が辻(第24話) »