« 【DRAMA】功名が辻(第23話) | トップページ | 【MOVIE】きみに読む物語 »

2006年6月13日 (火)

2006FIFAワールド杯 日本vsオーストラリア

1対3で黒星スタート。
前半で中村選手が先制点を上げたものの、後半残りわずか6分での逆転劇には言葉も出ませんでした。

試合の流れを変えた、たった1点、でも重みのある1点が恨めしいくらい。
オーストラリアが反撃ののろしをあげるかのように奪った1点は、日本の集中力を途切れさせ、オーストラリアの士気を高めるには十分の威力がありました。
それまでよく守っていたディフェンス陣も、ファインセーブを連発していたキーパーの川口選手も、相手の勢いに呑まれてしまいました。

サッカーには特別詳しいわけじゃないけど、学生時代にハンドボール部でキーパーを経験した私はサッカー観戦でもかなりキーパーびいきだと思う。
キーパーは最後の砦であり、一番全体を見回せる司令塔的な役割も担う。
そのキーパーにとって、一対一の勝負ほど緊張する瞬間はない。
騙すか騙されるか。打たせるか打たれるか。
ダメ押しの3点目は、まさにそういう状況でした。

サッカーは1点2点を争う世界で、たった1点動いただけで選手の心理状態は大きく変化する・・・。
そういう勝負の厳しさが全面に表れた試合だったと思います。
この初戦の黒星でもまた、次のクロアチア戦に臨む想いに変化があると思う。
次で負ければ後はない・・・ということは、もう怖いものもないと思います。
格下の相手と戦うより、負けて当然の核上の相手と戦うほうが精神的にはずっと楽なはず。
全力で挑んで、決勝トーナメント進出への希望をつなげて欲しいな。

|

« 【DRAMA】功名が辻(第23話) | トップページ | 【MOVIE】きみに読む物語 »

コメント

私も昨日オーストラリア戦で涙した一人。
独りTVの前で『小野の交代が悔やまれる』などとニワカファン丸出し状態でした(笑
次回、クロアチア戦はホント期待したいですね!!

投稿: tena | 2006年6月13日 (火) 21時11分

>Tenaさん
お久しぶりです♪
本当に残念でしたね~。
私もニワカファンのひとりですが、サッカーを観ているとハンドボーラーの血が騒ぎます(笑
クロアチア戦に期待しましょう!

投稿: rie | 2006年6月14日 (水) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/2197000

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールド杯 日本vsオーストラリア:

« 【DRAMA】功名が辻(第23話) | トップページ | 【MOVIE】きみに読む物語 »