« 2006FIFAワールド杯 日本vsクロアチア(0-0) | トップページ | 【MOVIE】ユリイカ »

2006年6月20日 (火)

【DRAMA】功名が辻(第24話)

明智光秀が信長を討ったことを聞き、破竹の勢いで光秀討伐に向かった秀吉軍。
光秀に追いついたもののとどめを刺せなかった一豊に、人間らしさを感じました。
半年間、『功名が辻』を観てきているけど、人間の命ってなんなんだろう?って考え込んでしまう。
私は、情とか、愛着とか、恩とか・・・そういうものにより人間らしさを感じる。
秀吉にも情はあると思うけど、したたかで目的のためなら何でもするところは信長と変わらない気がします。
だからより一層、一豊が人間臭く見えるのかも。

千代と一豊を見ていると、こんな夫婦いいなって思える。
それぞれはちゃんと自立しているように見えながらも、千代は一豊を立て、一豊は千代や家族を守り、一緒に生きている感じがする。

最近、千代を演じる仲間友紀恵さんの演技が気にならなくなってきました。
初めの頃はちょっと過剰な表現がかなり気になってたんだけど・・・板についてきたのか、私が慣れたのか。
相変わらず大河のヒロインっぽい落ち着きや品格はないけど、千代がそういう役だから馴染んでしまった気がします。

|

« 2006FIFAワールド杯 日本vsクロアチア(0-0) | トップページ | 【MOVIE】ユリイカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/2291297

この記事へのトラックバック一覧です: 【DRAMA】功名が辻(第24話):

« 2006FIFAワールド杯 日本vsクロアチア(0-0) | トップページ | 【MOVIE】ユリイカ »