« 【MOVIE】ハリー・ポッターと炎のゴブレット | トップページ | 【BOOK】沈まぬ太陽 »

2006年6月 7日 (水)

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターというのは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーのこと。
医療・福祉・建築についての知識を身につけ、各種の専門職と連携を取りながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示するのが役割。
3級から1級までの検定試験があります。
民間の検定だけど、2級を持っていれば住環境整備(つまり、介護などが必要な人のために行う模様替えや改築)の理由書を作成する資格を得ることができる。
日本の高齢社会においてとっても注目されていて、今、人気の高まっている検定のひとつなんです。
一昨年、2級を取得したので、今年は1級にチャレンジ!
試験まで3ヶ月を切ったから、そろそろ本格始動。

私が福祉住環境コーディネーターに魅かれる理由は、その理念にある。
やっぱり人は年を取っても、障害を抱えても、普通に生活したいと願うと思います。
家族や他人に迷惑をかけずに、できるだけ自立した生活を送りたいという意思があると思います。
でも介護する家族にも色々な事情がある・・・。
そういう生活者や介護者のニーズを汲み取って、その手助けをする。
その中心にある考え方というのは、第一に生活者の意思を尊重すること。
これこそ、私が福祉住環境コーディネーターに魅かれる一番の理由です。

私が今やっている商品開発という仕事は、多くの人に受け入れてもらえるものじゃないといけない。
言ってみればユニバーサルなものが求められていて、それはそれで魅力なんだけど、個々の満足度を高めるには限界がある。
団塊ジュニア世代はこだわりが強いとか、現代っ子は個性が多様化してるとか言われるけど、これからそういう時代に突入していくからこそオンリーワン、パーソナルなものが求められるようになると思います。

もうひとつの理由は、福祉ということかな。
子どもの頃から興味はあった分野だし、自分が健康で元気に暮らしていられるからには、少しでも世の中の役に立つことがしたい。
私が携わっている建築という分野は、もちろん色々なところで世の中に大きく貢献しているし、なくてはならないものだと思います。
でも、今やっている仕事は、世の中に何かを還元できる仕事だという実感がない。
多少なりとも持っている建築の知識を生かして私にも何か出来ること・・・そこで福祉住環境コーディネーターに思い至ったわけです。

とはいえ、1級はかなりの難関。
一発で受かるなんて甘いことは考えていないけど、努力あるのみ。
勉強していると、知っていると便利なことや、面白い考え方が出てきたりするので、勉強がてらblogでも少しずつ紹介していこうかと考えています。

|

« 【MOVIE】ハリー・ポッターと炎のゴブレット | トップページ | 【BOOK】沈まぬ太陽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/2118679

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉住環境コーディネーター:

» 日本代表、ドイツとの親善試合の結果は・・・【コーヒー専科】 [福祉住環境コーディネータになろう♪]
在宅介護の増加、バリアフリー住宅のニーズの高まりにより、福祉住環境コーディネーターが活躍する世の中になってきました。これから必要性がさらに高まっていく福祉住環境コーディネーターになりませんか? [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 05時33分

» 介護保険負担額が減った!! [沖縄観光]
介護保険負担額が多くなり、高齢者にとっては頭が痛い。 しかし沖縄県那覇市では一人当たり、約850円の減額をすることが出来たそうだ。 沖縄ではゆいまーるという相互互助の習慣があってお互いに助け合うことが出来るようになっているためとのことである。... [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 08時08分

» 国は、あてにならない! [誰を頼るの会]
あなたは、国が頼りになると思ってますか?個人を助けてくれると思いますか?いざという時、頼りになるのは、自分だけです。今できる事は、何か? [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 07時15分

« 【MOVIE】ハリー・ポッターと炎のゴブレット | トップページ | 【BOOK】沈まぬ太陽 »