« 【MOVIE】嫌われ松子の一生 | トップページ | 2006FIFAワールド杯 日本vsクロアチア(0-0) »

2006年6月17日 (土)

コミュニケーションを円滑にする技術①

福祉住環境コーディネーターにとって、知識や経験の他にもうひとつとても重要なものがあります。 
それはコミュニケーション。
住宅改修を必要としている相談者とその家族、また他の職種の人々との連携がとっても重要な役割を持っているから。
これって簡単なようで、実はすごく難しい。
私は特別ひととのコミュニケーションが得意というわけではない・・・というより、ちょっと苦手意識すらある。
でも、福祉住環境コーディネーターを目指す者として、もちろん向上心はあります。
そもそも外部の人と接する機会が少ない仕事をしているので、なかなか上手くはいかないけど、日々の生活で意識的に努力しているところ。

コミュニケーションには、言語と非言語によるものがあると言われています。
たとえば、人に何かを頼まれて「いいですよ」と答えるとき、それを“優しい声”で言うか“怒ったような声”で言うかで、相手が持つ印象は大きく異なります。

人と人とが接するとき相手に好印象を持つかどうかは、情報の内容が15%、顔の表情や声の調子が85%の重みを持っているそうです。
つまり、相手に何かを伝えるときには、話の内容(言語)はもちろん、声の出し方・表情・言葉遣い(非言語)などがとても重要だということ。
あたりまえじゃん!と思うけど、感情が出ちゃったり、相手を敬意を払えなかったり、ときとしてそれが困難なときもある。
でも、人間は相手に好意を抱けばその人の言うことを聞こうという気持ちになるし、逆にどんなに良い情報を伝えても、相手に聞く気がなければ何も伝わらないのと同じことになってしまいます。
非言語は普段からその人の雰囲気や態度に表れる気がするし、日々の生活から心がけるというのが大切なんじゃないかな。

【参考】福祉住環境コーディネーター検定試験1級テキスト 東京商工会議所

|

« 【MOVIE】嫌われ松子の一生 | トップページ | 2006FIFAワールド杯 日本vsクロアチア(0-0) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/2258013

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーションを円滑にする技術①:

» 言 語別 辞書 [言 語別 辞書]
さまざまな言語の辞書を集めました。ぜひご利用ください。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 12時42分

« 【MOVIE】嫌われ松子の一生 | トップページ | 2006FIFAワールド杯 日本vsクロアチア(0-0) »