« はちみつクッキー | トップページ | 福祉用具とデザイン »

2006年7月26日 (水)

【DRAMA】功名が辻(第29話)

ついに一豊が城持ちになりました・・・。
なんだか納得できない。
前回、前々回は何だったの?
本当に自分についてくる臣下は誰かを見極めていた秀吉だけど、あっさり一豊にお城をあげちゃった。
以前にも、なんでそんなに天下を取りたいんだろう?っていうことを書いたけど、本当にそう思う。
あれだけ慕っていた織田信長が倒された途端、秀吉は織田勢をも一掃しようとしている。
忠義って一体なんなんだろう?

千代がどんどん才覚を表わしている一方で、一豊がちょっと間抜けに見える。。。
仲間からは「甘い」と言われているけど、言い換えればあんまり賢くはないってこと?
やっぱりいつの時代も、相手が何を考えているか、上司が何を考えているか、敵が何を考えているかを読み取れる人が出世するんだと思います。
私はそんなに器用に生きることばっかりが良いとは思わないから、一豊みたいに真っ直ぐなのは好きだけど、見ているともどかしい。
だからこそ千代は一豊を一生懸命支えてるのかな。
ちょっとわかる気がします。
一豊が真っ直ぐに生きられるように、千代が周りを見渡してる感じがする。
そんな夫婦の関係も、ちょっといいな。

前回くらいから浜松城が登場しています。
ご近所なのでちょっと馴染み深い・・・とはいえ、行ったことはないんですけど。
こんなところに家康がいて、秀吉とどう渡り合おうか考えていたと思うと不思議です。

|

« はちみつクッキー | トップページ | 福祉用具とデザイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/2810407

この記事へのトラックバック一覧です: 【DRAMA】功名が辻(第29話):

« はちみつクッキー | トップページ | 福祉用具とデザイン »