« 説明と同意 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ 決勝戦 »

2006年7月 9日 (日)

【MOVIE】M:i:Ⅲ

仕事に追われて疲れた後には、映画館でスカッとできる映画を観るのがいい。
先週は連日夜中まで仕事をして、心身ともにぐったりしていましたが、自分を元気づけるために公開されたばかりの『M:i:Ⅲ』を観てきました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

M:i:Ⅲ

Moviemi今は第一線を離れて教官としての日々を送るIMFのエージェント、イーサン・ハントは、恋人ジュリアとの婚約パーティの途中で突如ミッションの連絡を受ける。
ブラックマーケットの商人、オーウェン・デイヴィアンの監視任務にあたっていたイーサンの元訓練生、リンジーが拘束されたという。
エージェントのルーサー、デクラン、ゼーンと共に、リンジーの救出作戦を開始するイーサン。
敵との激しい攻防戦の末、イーサンはなんとかリンジーを救出するが、リンジーの脳に埋め込まれた小型時限爆弾の作動停止に失敗し、その命を救うことができなかった。
イーサンはディヴィアンを拘束すべくルーサーたちと共にバチカンに向かう。
だが、イーサンが自分に課したその“ミッション”は、イーサンの真実の姿を知らないジュリアの身を危険にさらすことになるのだった・・・。

監督/脚本:J.J.エイブラムス


主なキャスト:トム・クルーズ
        フィリップ・シーモア・ホフマン
        ヴィング・レイムス
        ビリー・クラダップ
        ミシェル・モナハン
        ジョナサン・リース=マイヤーズ
        ケリー・ラッセル
        マギー・Q
        ローレンス・フィッシュバーン

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お気に入り度 ★★★

先行上映を観たという会社の上司と先輩では評価が真っ二つに分かれていたこの作品、あんまり期待せずに観にいったけど、感想は・・・なぁんだ、面白いじゃん!
もともとスパイものは好きだし、『ミッション・インポッシブル』シリーズも好き。
アメリカでの興行収入も期待ほど奮わなかったみたいだけど、これまでとは違うところがありつつも、本シリーズに欠かせないシークエンスもちゃんと盛り込まれていて、前2作品に引けをとらないくらい面白かったです。

まず、これまでと違って驚いたのは、映画の導入部
分がフラッシュバックから入ったこと。
イーサンが突然追い込まれている状況から入ったのには驚きました。
そもそも、この映画でフラッシュバックから入るなんていう小技を使ってくるとは思っていなかったから・・・。
そして次に、イーサンが婚約してる・・・これにはびっくり。
本シリーズも含め、スパイものといえば作品によって毎回女が違うもの・・・(というイメージ)。
だって、『007』シリーズも、マット・デイモンの『ボーン・アイデンティティ』、『ボーン・スプレマシー』も、ジャック・ライアンシリーズもそうじゃなかった?
スパイは本性を明かせないから女性と長続きしないんだぁ・・・と勝手に思ってました。
イーサンの場合も、『M:i:Ⅱ』ではミッションを進めるうちにロマンスが芽生えて・・・っていう感じだったし。

でも、今回イーサンが婚約しているという設定が、新しい風を呼んでいたと思います。
今までの作品では、自信満々で「ミッション・インポッシブル」(不可能な任務)とはいえ、あんまり不可能そうには見えなかった。
でも、婚約者ジュリアの存在によって、彼女を失うかも・・という弱みと、彼女を守らなければという強さの両方を持ち合わせて、今回のミッションは今までで一番インポッシブルな感じでした。


本シリーズで何度も出てくるイーサンの変装も健在。
しかも、今回は変装用のマスクが作られるシーンが!!
あのマスク、こんな風に作られてたんだ・・・ありえないけど、すごい。
色んなアイテムが出てくるのもスパイ物の面白いところ。
最後の最後で明らかになる裏切りも、これぞ!と思わせてくれる。

キャストが面白かったのも良かったな。
今回の悪役はフィリップ・シーモア・ホフマン演じるディヴィアン。
演技が本当に上手い俳優さんなんだけど、この役がまたくせのある役で、悪いことを悪びれもせずにやってのけるという本物の悪党。
ここまで徹底した悪を演じるのは、気持ちが良いくらいかもしれない。
すごく良い味が出てました。
『マトリックス』シリーズで知られるローレンス・フィッシュバーンも存在感ばっちり。
ジュリアを演じたミシェル・モナハンはキレイで知的な雰囲気が素敵な女優さん。
これでブレイクして活躍するかも。

『M:i:Ⅱ』はトム・クルーズのプロモーションビデオ?と思うくらい、トム、トム、トム・・・だったけど、今回のミッションではイーサンの人間的な面にスポットが当てられていたのが良かった。
ただ、ミッションのチームのキャラクターにももっとスポットを当ててほしかったなぁ。

個人的にルーサーはとっても好き。
それに、今回新たにチームをくんだマギー・Q演じるゼーンはすごくカッコよかったし、ジョナサン・リース=マイヤーズ演じるデクランの活躍ももっと観たかったから残念。

トム・クルーズは良い脚本があれば4作目もやると言っているし、こういう娯楽大作もたまにはいいな。
スパイものはやっぱり楽しい。

|

« 説明と同意 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ 決勝戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/2571399

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOVIE】M:i:Ⅲ:

« 説明と同意 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ 決勝戦 »