« 【DRAMA】功名が辻(第32話) | トップページ | 【MOVIE】ユナイテッド93 »

2006年8月18日 (金)

ジブリ美術館

以前からずっと行ってみたいと思っていた三鷹の森・ジブリ美術館に行ってきました。
夏休みだけあって、親子連れやカップルでいっぱい。
でも、完全予約制というだけあって、ゆっくり見られないほど混んでいるというわけではなかったです。

とにかく、いろんなものが凝ってる!
建物を遠目に見上げると、屋上には『天空の城ラピュタ』のロボット兵が。
そして窓はみんなステンドグラスで、ジブリおなじみのキャラクターたちがはめ込まれている。
不思議なアニメの世界に入り込むための演出がいっぱい。
トイレもとてもキレイで、消火栓ですらカッコよく装飾されていました。

0182館内に入ると、ローソンで購入した前売りチケットを素敵な入場券に引き換えてくれる。
アニメのセル画を切り取ったチケット。
残念なことに館内では撮影禁止でしたが、「楽しい思い出は心の中に」ということで納得。
アニメがどうやってできるのか?ジブリ作品はどうやって生まれているのか?色々な展示を見てまわった後には、このジブリ美術館だけでしか観られない短編映画を観にいきました。

Movie_5この日に上映していたのは『水グモもんもん』。
水グモのもんもんはある日、水面を自由に滑るアメンボのお嬢さんと出会います。
なんて愛らしく、スマートなんだろうと、もんもんはすっかり心を奪われてしまいます。
果たして、もんもんの思いは通じるのでしょうか・・・。

約15分間で、水グモのもんもんとアメンボのお嬢さんの間にセリフはひとこともなし。
にもかかわらず、ドキドキハラハラするシーンあり、笑いあり、最後にはちょっとジーンとする感動もあり、実に見事。
とても15分の短編映画とは思えないくらい満足。
ここでの期間によって上映作品が違うようですが、10月からはかの名作『となりのトトロ』からのスピンオフ作品『めいとこねこバス』が上映されるそうです。
これ、観たい!
・・・と思って残念がっていたところ、館内にある図書閲覧室で『めいとこねこバス』の絵本を見ることができました。
う~ん、かわいい。


ねこバスと言えば、小さいころから「乗りたい!」と憧れたものでしたが・・・ありました。
ふわっふわのねこバスが!
でも、残念なことに、ねこバスに乗ることができるのは小学生以下のお子様だけ。
私はいい大人なので、指をくわえて見ているだけでした。


003屋上に出ると、外からも見ることができた『天空の城ラピュタ』に登場するロボット兵が。
たった独りで、なんだか悲しげに見える・・・。
見た目と違って心優しいし、孤独でかわいそうなロボット。
館内では写真撮影できないけど、屋上ではみんな写真を撮っていたので、私もパシャリ。

ディズニーと同じように、ジブリ美術館では大人も子どもも童心に返り、夢を見られる。
滞在時間は約2時間程度と短かったけど、ワクワクと楽しい時間を過ごしました。

|

« 【DRAMA】功名が辻(第32話) | トップページ | 【MOVIE】ユナイテッド93 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/3067147

この記事へのトラックバック一覧です: ジブリ美術館:

» となりのととろの登場人物-ねこバス [宮崎 駿 スタジオ ジブリがみたい!]
ネコバス:推定年齢不明。トトロが乗る超大型のネコのバス(バスのネコ?)。足は12本ある。超高速で走ることができ、また森の中(サツキによれば木がよける)、田んぼの上、電線などでも走ることができる。しかし、子どもにしか見えない。 こんな感じ♪ [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 21時12分

« 【DRAMA】功名が辻(第32話) | トップページ | 【MOVIE】ユナイテッド93 »