« 【DRAMA】功名が辻(第31話) | トップページ | 横浜・八景島シーパラダイス »

2006年8月10日 (木)

Pre★ライラの冒険 黄金の羅針盤

原作は、フィリップ・プルマンの『ライラの冒険:黄金の羅針盤』という冒険ファンタジー。
ニューラインシネマの製作で映画化されます。
イギリスの冒険ファンタジーは映画界でもすっかりお馴染み。
『ハリー・ポッター』に『ロード・オブ・ザ・リング』、『ナルニア国物語』・・・。
この『ライラの冒険』はシリーズ3部作の予定で、その第一作目が『黄金の羅針盤』。
2007年(日本公開は08年春)にかなり大々的に公開されることになるようです。

■ストーリー■
Book_22舞台の始まりはオックスフォード。
しかし地名は同じでも、我々の知るオックスフォードとはどこか雰囲気が違う・・・。
“そのオックスフォード”の寄宿生である11歳のお転婆娘ライラは、何にでも自由に変身できる動物と絶えず行動を共にする。
それはダイモンと呼ばれる一心同体の守護精霊で、この世界でダイモンを持たない人間はいない。
そんな不思議な世界で、謎の組織に子どもたちが誘拐される事件が多発する。
親友が誘拐されたライラは自ら探索に乗り出すが・・・。

つい先日のニュースでは、ニコール・キッドマンがキャスティングされたということ。
役柄はライラの母親で、陰謀と豪奢が好みのクールな美女コールター婦人。
『ナルニア国物語』のときには、巷で白い魔女役か?と言われていたニコール・・・あの美貌がクールなイメージを与えるのでしょうか。
笑顔の彼女はとってもキュートなのに。
とはいえ、私の大好きなニコールがキャスティングされたことで、この作品への興味が一気に高まりました。
『ダ・ヴィンチ・コード』のポール・ベタニーもキャスティングされているそうで、なかなか大物揃い?
主人公ライラを演じるのはイギリス出身のダコタ・ブルー・リチャーズという新人さん。
なかなか楽しみな感じ。
原作は未読だけど、映画の公開までは2年もあるし読んでみようかな。

|

« 【DRAMA】功名が辻(第31話) | トップページ | 横浜・八景島シーパラダイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/3008969

この記事へのトラックバック一覧です: Pre★ライラの冒険 黄金の羅針盤:

« 【DRAMA】功名が辻(第31話) | トップページ | 横浜・八景島シーパラダイス »