« 反省 | トップページ | 2008年の大河ドラマ『篤姫』 »

2006年9月 7日 (木)

【DRAMA】功名が辻(第35話)

天下統一の総仕上げ、小田原城攻め。
久々に戦いのシーンがありました。
弟の康豊にも「息が上がっている」と突っ込まれていたけど、それが少し、一豊の年を感じさせる。
ついでに演じている上川さんも、なんだかんだでもう40代だ(!!)と年を感じてしまいました。
私が上川さんのファンになった頃はまだ30代前半でした・・・。
というのは余談ですが、結局小田原城も最後の手段は兵糧攻めでした。
播磨の三木城を落としたときにも、秀吉は兵糧攻めにし、米一粒たりとも城に持ち込めないように食料を遮断しました。
なんと2年間・・・。
城内では、ひどい飢餓地獄だったといいます。
血生臭い戦いが良いとは言わないけど、兵糧攻めでは血を流さないから良いかというと全くそんなことはない。
衣食住という人間の尊厳にも関わることで、非人道的な行為であることは考えるまでもないと思う。
でも、こういうやり方はなにも戦国時代だけに行われていたわけではなくて、今現在だって中東などでは似たようなことが起こっています。
非人道的だとわかってはいても、他の目的のためにそういう手段をとる。
人間ってむごいことが出来ちゃうんだな・・・。

最近、『功名が辻』もだいぶ中だるみな感じがする、けど、実は私の方がたるんでるのかなぁ。
疲れが溜まって、いろんなことを考えなきゃいけないのに思考がうまく動いてない気がする。
ちょっと休養が欲しいかも。

|

« 反省 | トップページ | 2008年の大河ドラマ『篤姫』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/3351247

この記事へのトラックバック一覧です: 【DRAMA】功名が辻(第35話):

» 功名が辻 第35回 [賃貸営業よもやまばなし]
前半は旭姫の死でしたね。引き離された副田甚兵衛の『いかなることがあろうとも、わしらは夫婦じゃ……』の言葉は心打たれましたね。 そしていよいよ小田原攻め。予想通りあっさり降伏とあいなりました。実際は築城に80日間を要し、1日で出来たように演出してます。秀吉....... [続きを読む]

受信: 2006年9月 7日 (木) 14時25分

« 反省 | トップページ | 2008年の大河ドラマ『篤姫』 »