« 【MOVIE】ヒストリー・オブ・バイオレンス | トップページ | 今、思うこと »

2006年9月20日 (水)

【DRAMA】功名が辻(第37話)

太閤vs関白。
なんだかどろどろしてきたなぁ・・・。
家督を継ぐのは誰かという一大事に、秀吉と茶々の間に生まれた拾は秀吉の子ではないとかいう話まで出て。
民法でやってる某ドラマみたい。
そのうえ、関白秀継に仕えている若手たちは謀反までたくらみ、一豊たちの立場も危うい。
一豊は出世しても生真面目で潔癖。
中村一氏のように上手く立ち回るということができないから、見ていてもどかしいし、なんだか心配になる。
千代はそんな気持ちなのかも。

今回、家康の登場はなかったけど、それがまた情勢を静観している賢さを強調している気がしました。
このドラマを観て、家康を演じている西田敏行さんのイメージがちょっと変わった。
昔、大河ドラマで西郷隆盛を演じていたのが印象に残っていて、子供心に「勢いのある人・・・」と思っていたから。
家康には何を考えているのかよくわからない怖さがあるけど、頭が良くて戦略的なのが面白い。
これからさらに秀吉と対峙すると考えると、ちょっと楽しみです。

|

« 【MOVIE】ヒストリー・オブ・バイオレンス | トップページ | 今、思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/3513325

この記事へのトラックバック一覧です: 【DRAMA】功名が辻(第37話):

« 【MOVIE】ヒストリー・オブ・バイオレンス | トップページ | 今、思うこと »