« 【MOVIE】バンディッツ | トップページ | 【DRAMA】功名が辻(第40話) »

2006年10月 8日 (日)

【MOVIE】涙そうそう

今日は会社の先輩と一緒に、以前から約束していた『涙そうそう』を観にいってきました。
秋の澄んだ空にぴったりな、爽やかな感動を味わいたくて。

****************************************************************************************


『涙そうそう』

いつか自分の店を出したいと夢を抱いて那覇の市場や居酒屋で朝から晩まで元気いっぱい働く洋太郎。
そんな彼にとって自分の夢より何よりも優先すべきは大切な妹・カオルの幸せ。
まだ幼い頃、どんなことがあっても妹を守ると母と交わした約束を忘れることはなかった。
その妹が高校進学を機にオバァと暮らす島を離れ、洋太郎と一緒に暮らすことになる。
久々に再会したカオルの美しく成長した姿に洋太郎は動揺を隠せない。

監督:土井裕泰
主なキャスト:妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史、森下愛子、平良とみ、小泉今日子 他

****************************************************************************************


お気に入り度 ★★★


Movie_36思えば、私が持っていた邦画に対する抵抗感を拭い去った作品は、土井裕泰監督の『いま、会いにゆきます』でした。
『いま会い』のときに感じた、後味の爽やかな感動を再び味わえた気がします。

本作は、最近ベストセラー本や漫画の映画化が多いなか、名曲『涙そうそう』から生まれた物語。
楽曲からインスピレーションを受けたストーリーは、まぁなんとなくありそうな話なんだけど、キャラクターが丁寧に描かれているから、すごく感情移入しやすく、素直に感動できました。
感動ものってバランスが難しいと思う。
狙いすぎてしまうと逆にしらけちゃうし、号泣させるためだけの映画だったらいっぱいある。
でも、泣けた後に爽やかな気分になって前を向ける、そういう映画は意外に少なくて、私はそういう映画こそ名作だと思います。

エンディングで夏川りみさんの歌う『涙そうそう』が流れ出したとき、この映画の前向きさが伝わってきて、すごく明るい気持ちになれました。
生きるひたむきさや力強さが、切なくも温かい。
私も『涙そうそう』という曲が大好きになりました。

沖縄っていいな。
私は沖縄にまだ行ったことがないんだけど、この映画を観ていると人は温かいし、
沖縄の方言ってなんだかリズミカルで、優しさに溢れてる。
全編をとおして、この“言葉”の力も、映画の雰囲気づくりに大きな一役を買っている気がしました。

最近映画やドラマで活躍が目覚しい長澤まさみさん。
この作品では高校生から大学生に成長していく過程が描かれているんだけど、可愛らしさと大人っぽさが共存していて素敵な女優さんになってきました。
なにより、演技が上手い。
『世界の中心で、愛をさけぶ』のときは、作品そのものにあまり感情移入できなかったから、彼女の印象もそれほど強くなかったんだけど、今作での彼女の演技はすごく良かったです。
テンションの高い無邪気な演技から、感情を大事にする泣きの演技まで、本当に役に入り込んでいるみたい。
にーにー役の妻夫木聡さんとも息がぴったりで、こんなお兄ちゃんと妹だったら、毎日楽しく暮らせるだろうなぁ。

おばあを演じていた平良とみさん(朝ドラの『ちゅらさん』で有名になったおばあ)も、相変わらず良かったな。
最後の最後で、美味しいところを全部もっていった感もあるし。
私にとって、泣くことは一番のストレス発散でもあるから、「泣いていいんだよ」っていう言葉にはすごく愛を感じてしまいます。
自分の弱さを見せることを許されるって、すごく安心するんだよね。

|

« 【MOVIE】バンディッツ | トップページ | 【DRAMA】功名が辻(第40話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/3737112

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOVIE】涙そうそう:

» 【映画】涙そうそう(ネタバレあり) [どんちゃんのわがまま日記]
公開から一週間。感動の作品を観て来ました。 やっぱり、『涙そうそう』ですね。 涙なしでは観れない作品になっていました。 にーにーと呼ばれる主人公「洋太郎」を演じる妻夫木聡。 その妹「かおる」を演じる長澤まさみ。 どちらともホントに素晴らしい演技でした。 涙そうそう作者: 吉田 紀子, 吉田 雄生出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2006/09メディア: 文庫 <<ここからネタバレあります>> 洋太とかおるの再会から始まるストーリー。 洋太とかおるは兄... [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 21時54分

» 長澤まさみ DVD・カレンダー・関連グッズ 激安通販 [DVD&タレントグッズ 激安通販・価格比較ナビ]
映画『世界の中心で、愛をさけぶ』出演の【長澤まさみ】 DVD・カレンダーの楽天最安値はこちらから! 【長澤まさみ】関連グッズのご案内もしています。 Amazon でも調べられますので、よりお値打ちにゲットできます。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 22時17分

» 涙そうそう [頑張る!独身女!!]
『涙そうそう』の映画を見て来た。沖縄に凄く行きたくなりました。青い海。青い空。ものすごく見たくなった。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 23時18分

» 『涙そうそう』 [京の昼寝〜♪]
いつも見守り、「がんばれ」と励ましてくれる。そんな、あなたの“一番星”は誰ですか? ■監督 土井裕泰 ■脚本 吉田紀子 ■キャスト 妻夫木聡、長澤まさみ、小泉今日子、麻生久美子、塚本高史、森下愛子、中村達也、平良とみ、船越英一郎、橋爪功□オフィシャルサイト  『涙そうそう』 2001年、沖縄。 いつか自分の飲食店を出すという夢を持ち、ひたむきに生きる働き者の青年・... [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 00時32分

» 「涙そうそう」観ました!!、泣きました!! [マイルドのでたらめ投稿板]
どうもマイルド@静岡市市街地です。 えっとですねぇ、「遅れたけど、観ます」に書い [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 10時43分

»  ◆健康的美少女ランキングの1位は!? [まきのダイエット情報]
 「健康的美少女ランキング」を発表! 『健康的』と『美少女』の、どちらか片方だけではダメで、両方を兼ね備えていることが求められる。集計結果の上位3人は幅広い年代・性別から安定した支持を集めた。4位以下も、年代や性別による順位の変動が少ないのが特徴だった。アナタは誰に票を入れるかな? ... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 11時52分

» ちゅらさん4 あらすじ・ストーリー [http://tvdrama.livedoor.biz/index20.rdf]
ちゅらさん4 あらすじ・ストーリー情報満載です! [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 10時44分

« 【MOVIE】バンディッツ | トップページ | 【DRAMA】功名が辻(第40話) »