« マイナスからプラスへ | トップページ | 【MOVIE】敬愛なるベートーヴェン »

2006年12月17日 (日)

【MOVIE】007/カジノ・ロワイヤル

1ヶ月半ぶりの映画!
こんなに映画館に行かなかったなんて、何年ぶりだろう(笑)
福祉住環境コーディネーターの試験が終わり、仕事もひとつの山場を越えて、ようやく観にいくことができました。
本当は『硫黄島からの手紙』が観たかったけど、『父親たちの星条旗』を見逃してしまったし、久々に観るなら重くない方がいいかなぁと思って観たのがこれです。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

『007/カジノ・ロワイヤル』

Movie007《ストーリー》
英国諜報部MI-6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンド。
ボンドの初任務は、世界中のテロリストを資金面で支えるル・シッフルの資金を絶つこと。
ル・シッフルがモンテネグロの“カジノ・ロワイヤル”で大勝負に出ることが明らかになり、ボンドは彼の組織を壊滅に追い込むため、モンテネグロへ向かう。
Mはボンドに監視役の美女ヴェスパーを送りこむ。
ヴェスパーに対して最初は懐疑的だったボンドだが、危険を共にする中で、次第に彼女に惹かれて行く・・・。

《監督》
マーティン・キャンベル

《主なキャスト》
ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジャンカルロ・ジャンニーニ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


お気に入り度 ★★

スパイ映画は好きだし、007シリーズは結構観ていたけど、なんだかボンド映画っていう気がしない・・・。
なんでだろう?
ボンド役がダニエル・クレイグに変わったから?
う~ん・・・違う。
たぶん、ボンドが“00”になりたての頃の話だからなんだと思う。
いつものスマートさがあまりなくて、ちょっと必死な感じ。
今回、製作サイドはボンドの人間的な側面を見せることに力を注いだらしいから、その思惑は達成できたってことでしょうか。
ただ、今までのボンド映画に馴染んで、それを期待して観にいった客にとっては、違う映画を観ているみたいな感覚だったんじゃないないかなぁ。
スパイ映画に欠かせない二転三転するストーリーは良かったけど、テンポとしてはいまひとつ。
やっぱり、ジェームズ・ボンドにはエンターテイメントを求めてしまう。
今回の恋愛の要素が、その後のボンドの人格形成に大きな影響を及ぼしたっていう部分については、ドラマ的に面白かったけど。
カジノ・ロワイヤルの脚色には、『ミリオンダラー・ベイビー』や『クラッシュ』の脚本を手がけて、2年連続でアカデミー賞を受賞したポール・ハギスが参加していたことも話題のひとつだったけど、それだけドラマ性を重視していたってことなのかな。

007シリーズは、父が大好きで、テレビで放映されると必ず観ていました。
でも、小学生の頃の私はと言えば、少しでも血が流れる映画は「怖い!」と言って隠れてしまうような弱虫さんだったから、「007=怖い映画」って思ってたなぁ(笑)
特にオープニング!
拳銃の照準が合わせられ、銃声とともに画面いっぱいに血が流れてくる、あのお決まりのオープニングが怖くて怖くて・・・。
もうその時点で観られなかったから、初めてまともに観て「面白い」と感じられたのは高校生になってからでした。
さすがにもう大丈夫・・・と思ってたんだけど、人間そうそう変わらない。
やっぱり、銃声にビクッと身体を震わせてしまいました。


ダニエル・クレイグのボンドは、思っていたよりずっと良かった。
ちょっと血の気のあるボンドを好演していて、今後に期待ができるかも!という気はしました。
今回のボンド・ガール、エヴァ・グリーンも、期待以上。
『キングダム・オブ・へヴン』に出ていたのを観て、あまり好きになれない・・と思ってたけど、テロリストとボンドの死闘を目の当りにしてショックを受け、バスルームでうずくまっている姿、表情がすごく良かったです。
いつもアイメイクが濃い独特なメイクをしてるけど、お化粧していない方が断然キレイ!
子どもみたいに不安げな表情は、すごく可愛くて好感が持てました。
ちょっとエキゾチックなテイストがあって謎な感じが良いのかもしれないけど、あんなメイクしなければいいのに・・・。
ジュディ・デンチは、相変わらず素敵でした!
存在感抜群。
年はとっちゃったなぁって気がするけど、いつまでもあの座で輝いていて欲しいです。

次回作もダニエル・クレイグの主演が決定しているそうで、順調に行けば2008年後半の公開になるそう。
彼が徐々にボンドらしく定着していってくれたらいいな。


|

« マイナスからプラスへ | トップページ | 【MOVIE】敬愛なるベートーヴェン »

コメント

はじめまして!モッピーと言います。
ブログ検索でお邪魔しました。
『007 カジノ・ロワイヤル』凄く良かったですね!
CGは使っていないと言うことは、家が海の中に
沈むシーンも本物なのかなぁ~?
良かったらトラックバックお願いします。

投稿: モッピー | 2006年12月17日 (日) 19時25分

>モッピーさん

はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。
早速、TBさせて頂きました♪

家が沈んでいくシーン、圧巻でしたね。
CGを全く使っていないというわけではないのでしょうが、リアルな撮影をするために水中で何時間もかけて調整をして、スタッフの努力の賜物みたいですね。
次回作も楽しみです♪

投稿: rie | 2006年12月18日 (月) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/4580704

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOVIE】007/カジノ・ロワイヤル:

» ☆『007 カジノ・ロワイヤル』を見てきましたぁ〜♪ [★サラリーマン人生を途中下車し、今では自宅でプチ社長♪]
{/new_color/} 久々に映画を見てきましたぁ〜{/good/} 見た映画は『007 カジノ・ロワイヤル』です。 世界最長を誇る『007』シリーズの21作目。 今回は、イアン・フレミングの「カジノ・ロワイヤル」の映画化の権利を獲得し完成した 作品なんです。昔のボンドシリーズとはちょっと違いますよ。 キャストにはジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)、ヴェスパー・リンド(エヴァ・グリー�... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 19時31分

» 「007 カジノ・ロワイヤル」ボンドの心に迫る傑作!肉体駆使のア... [soramove]
「007 カジノ・ロワイヤル」★★★★オススメ ダニエル・クレイグ 、 エヴァ・グリーン 、 マッツ・ミケルセン 、 ジュディ・デンチ出演 マーティン・キャンベル 監督、2006年、アメリカ イギリス プロだって、なりたてのアマちゃんだった時はあるもの、 今回のボ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 20時09分

« マイナスからプラスへ | トップページ | 【MOVIE】敬愛なるベートーヴェン »