« この木なんの木 | トップページ | 【MOVIE】いぬのえいが »

2007年2月 3日 (土)

【BOOK】こころの自然治癒力

Book_32ちょうど3年前の今頃、入社して1年が経とうとしていた頃の私は、ものすごく精神を病んでいたと思う。
会社以外の人と話す機会もない日が続いて、ひたすら仕事に支配されていたし(何であんなに忙しかったのか、今考えると謎・・・)、人間関係でどうしようもない悩みを抱えていて、職場にいることが苦痛でしかなく、ごはんも喉を通らない、眠くても眠れない日々。
もう何もする気力が起こらなくて、何が悲しいのかわからないけど悲しくて、淋しくて、あるのは孤独感だけ。
これじゃいけない・・・ってぼんやりと思った私は、ふらふら本屋さんを歩いていて、この本と出会いました。
普通の精神状態のときだったら、手に取ることもない本だと思う。
がんばらなきゃいけないけど、がんばるのがつらい。
がんばりたいけど、がんばれない・・・。
そんな状態だったから『こころの自然治癒力』というタイトルが目に留まったんだと思う。

私はそのままこの本を購入して家に帰り、3回読みました。
書いてあるのはどれも当たり前のことに思えるけど、この本を読んで私はものすごく救われた。
自分ではずっと「がんばろう、がんばらなきゃ」って思って、そう思っていないと仕事なんてできなかったし、そう思っていることが自分をますます追い詰めてることには気づいてなかった。
たけど、この本は「そんなにがんばらなくていいよ」「泣いたっていいよ」「たまには自分のことだけ考えたっていいよ」って許してくれたんです。
つらいときには、つらいって言っていいんだって。
誰かが許してくれるって、とても大きな救いの言葉になるんじゃないかな。

例えば、自分のこころを回復させる、こんなコツを教えてくれました。

●「ちょっと疲れた」と声に出す
●「休める理由」を作る工夫をする
●つらいままでも、楽しめると知る
●「普段と違う時空」に自分を置いてみる
●つらいときには、大事な決断は先送りにする
●とにかく体を動かしてみる
●睡眠や食事にリズム感覚を
●迷ったときには、一歩前に出てみる
●行き詰まったら、ワンクッションおく

こうやって書くと簡単だし、元気なときにはなんでもなくやっていることばかり。
でも、こころが弱っていると、このちょっとしたことができないんだよね。

私を闇の中から明るいところへ導き出してくれた、大事な大事な本。
あのときこの本を手にとっていなかったら、今の私はいなかったと思う。
最初に読んだ3回以来、私はこの本を読んでいない。
もしいつかまた、どうしようもなく救われない気持ちになったとき、きっとこの本を開くと思う。
そして、きっとまた立ち上がれると思う。
もう今は、自分は立ち上がれるって知ってるから。

読んだわけではないのに、急にこの本について書こうと思ったのは、今、ある人にエールを送りたいから。
誰でもつらいときがあるし、心が疲れちゃうこともある。
でも、独りぼっちのひとはいないんだよ。

|

« この木なんの木 | トップページ | 【MOVIE】いぬのえいが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/5196983

この記事へのトラックバック一覧です: 【BOOK】こころの自然治癒力:

» 「白い巨塔」第二部(予告 第11話) [ドラマ!あの素晴らしいドラマを、もう一度。]
「白い巨塔」第二部放送前期待度:★★★★今さらご紹介するまでもないのですが。。本日放送の2時間SPから、いよいよ第二部に突入。第一部のラストで、とうとう教授の座をものにした五郎ちゃんですが、なった途端に暴君におなりになって、「豹変...... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 18時23分

« この木なんの木 | トップページ | 【MOVIE】いぬのえいが »