« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月27日 (金)

【MOVIE】さくらん

またまた観てからだいぶ日が経っちゃった映画です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
『さくらん』

Photo_488歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・きよ葉は何度も脱走を図るがあえなく失敗。
気位が高く、絶世の美しさと知性を兼ね備えた完璧な高級花魁(おいらん)・粧ひは、そんなきよ葉に花魁としての生き方を教える。
やがて17歳になったきよ葉は、玉菊屋にやって来た青年・惣次郎と恋に落ちるが……。

【監督】蜷川実花
【主なキャスト】土屋アンナ 、椎名桔平 、成宮寛貴 、木村佳乃
         菅野美穂 、永瀬正敏 ほか
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お気に入り度 ★

フォトグラファー蜷川実花さんの初監督作品で、土屋アンナ主演というのに惹かれて観に行きました。
身近な人の前評判は、とにかく「刺激的」だったとか。

そして私の感想は・・・やっぱり刺激的(苦笑)
う~ん、これは確かに色んな意味で刺激的でした。
洋画にはないどぎつさを感じて、中盤で木村佳乃さん演じる花魁が悲劇的(そして衝撃的)な死を迎えたときには、まともに見られなかった・・・。
ストーリーも、う~ん・・・って感じだったし、ちょっと残念。
花魁の在り方を金魚鉢の金魚に例えて進んでいく展開は良かったけど、そもそも馴染みのない花魁の世界がスッと入ってくるまでには至らなかったです。

この作品で監督デビューしたフォトグラファー蜷川実花さんは、すっごくキレイで可愛い写真を撮る方。
私がお手本にしたいと思っている素敵な感性を持った友達の好きな写真家が蜷川さんだったの。
ポップで鮮やかな色合いが多いんだけど、それがうるささを感じさせなくて、とてもおしゃれに見えちゃう。
おしゃれなだけじゃなくて、キラキラして躍動感を感じさせるんだよね。
この映画も、蜷川さんならではの色彩感覚が光っていて、全てのシーンが計算しつくされた絵のようでした。

お花とか金魚とか、素敵だったなぁ。
映像を見ているのはすごくワクワクしました。

キャストもとっても興味があったんだけど、菅野美穂さんの存在感が良かったなぁ。
主演の土屋アンナさんは、無邪気な笑顔を見せているときが一番かわいかった。
蜷川実花×土屋アンナのコラボは写真でもたくさん出ているけど、このコンビはさすがのひとことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

なすとミニトマト

ガーデニング第2弾。
andyさんとmiccoxさんから頂いたなすとミニトマトの種を植えました♪
なすとミニトマトは発芽条件がちょっと厳しいらしく、あったかくしてあげないといけないみたい。
そして、この子たちは深めのプランターがお好みらしいので、新しく買ってきた深めのプランターにちょっと多めに種を植えて、発芽の様子をみることにしました。
ちゃんと芽が出るかなぁ。
ドキドキです。

ガーデニングは、どんなに忙しくても毎日ちゃんと覗いてあげることが大事な気がする。
愛情を注いで育てないと、やっぱり植物だってへそを曲げちゃうと思うんだよね。
今まで育てた観葉植物とかも、私が忙しくてそっぽ向いてると、いつのまにかしゅんってなってたし。
それに、毎日たった2~3分でも、ちっちゃな芽に向き合っているだけでちょっと癒される気がする。
「今日も元気だね。私もがんばるか!」って。

なすとミニトマト、がんばって芽を出してね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

たけのこと春キャベツの焼き浸し

たけのこを沢山頂きました。
さて、何作ろう?
まずは定番のたけのこご飯。
それから、たけのこと春キャベツの焼き浸しを作ることに。
焼き浸しとか揚げ浸しって、簡単で美味しいから好き。
色々アレンジもしやすいから、ちょっと余ってるものを使うのにもいいかも。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
たけのこと春キャベツの焼き浸し

【材料】
たけのこ(1/2個)/キャベツ(適量)/鮭(2切)/だし(1カップ)/しょうゆ(大さじ1くらい)/料理酒(大さじ1くらい)

【作り方】(適当・・・)
① たけのこ、キャベツ、鮭を大きめの一口大に切る。
② だしにしょうゆと料理酒を加え、一度煮立たせる。
③ 網焼きで①を焼く。少し焦げ目がつくぐらい。
④ ③が冷めないうちに、②のなかに浸して出来上がり★
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

もっと手を抜きたいときは麺つゆを使ってもいいと思うけど、自分でだしを取った方が美味しいはず!
鮭のかわりにエビとかを使っても美味しそうだなぁ。
うちの母の格言、「料理は創造力(想像力)」。

昨日はとっても春らしいメニューで、しかもヘルシー、大満足でした。
また写真撮るの忘れちゃったけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

【MOVIE】ホリディ

バタバタしている中で観に行ったから、なかなかレビューが書けなくて、観てからもう1ヶ月近く経ってしまいました。。。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
『ホリディ』

Photo_47ハリウッドの映画予告編製作会社の社長アマンダと、ロンドン郊外に住む新聞記者のアイリス。
クリスマス直前になってそれぞれ恋に破れた2人は、ネットを介して“ホーム・エクスチェンジ”をすることに。
アマンダはロンドンに、アイリスはビバリーヒルズに旅立つが……。

監督:
主なキャスト:キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ

         ケイト・ウィンスレット、ジャック・ブラック 他
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お気に入り度 ★★★

全体を通して、やわらかくあたたかな雰囲気の映画だったな。
テンポも良いし、セリフ、ファッション、音楽、建物に至るまで、スタイリッシュでおしゃれ。
私が気に入ったのは、イギリスの田舎の小さなおうちと、ハリウッドの豪邸が出てきたこと。

文化も違えば、家電の使い方ひとつを取っても違う。
その家にあったファッションとか、その家にあった会話、その家にあった生活の仕方があるんだなぁっていうのが面白かった。
環境ががらっと変わることで、自分の生活を変えてみようと思うかどうかは自分次第。
色んな迷いがあるなかで、主人公たちが壁を乗り越える姿がちゃんと描かれていました。
恋愛映画だけど、ストーリー以上にそういう興味深い要素がたくさんあって、とっても楽しめました♪

2_1キャストも豪華で、キャメロン・ディアス&ジュード・ロウはちょっと出来すぎのカップルって気がする。
でも、かっこいいのにちょっと情けないジュード・ロウの姿とか、なんか母性をくすぐられる感じ(笑)
何気に好きなのがケイト・ウィンスレット。
この映画を観ようと思ったのも、ケイト・ウィンスレットが出演するからでした

彼女は作品選びが上手で、彼女の出ている作品には良作が多い。
『タイタニック』みたいに超大作に出演することも、今回のようにラブストーリーに出演することも少ないけど、確かな演技で可愛らしい女優さんです。
今回の役柄は、思わず応援してあげたくなる感じで、何度も心の中で声援を送っていました。

のんびりしたい休日に、気負わずに観るにはぴったりの映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月19日 (木)

青じそ発芽

20070418植え付けから10日目、ついに青じそたちが一斉に発芽しました!
・・・なんかもやしの根みたい。
ひょろひょろしていて、よわっちぃ感じ。
まさにもやしっ子。
この子たちは、もう少し大きくなるまで室内でぬくぬく生活かなぁ。
種は多めに植えたから、大きくなってきたら間引かなきゃいけません。
こんなに可愛いのに、間引くと思うと可哀想・・・。
でも、大きく美味しく育てるためには仕方ない。
みんな大きくしてあげたいけどね。

20070418_1一足先に発芽していたコスモスたちは、すくすくと順調に育っています。
コスモスは白&ピンク系と、黄&オレンジ系の2種類植えたんだけど、すでに発芽しているのは白&ピンク系。
プランターの中央付近に黄&オレンジ系の種を植えたんだけど、まだ出てこない・・・。
同じコスモスでも、全然違うんだね。
早く出てこないかなぁ。

今週末には、ミニトマトの種を植えてみようと思います!
青じそやコスモスに比べて、苗にするまでがちょっと難しそう。
とりあえずチャレンジです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

【MOVIE】不都合な真実

久々の映画ネタです。
観ていなかったわけじゃなくて、書く暇がなかったの・・・。

私の行きつけの映画館では当初、上映予定がなかったんだけど、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞の受賞をきっかけに、ようやく公開が決定した『不都合な真実』
環境問題をとりあげたドキュメンタリー映画、重そうだけど興味深々。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

『不都合な真実』

Photo_45地球の温暖化によって引き起こされる数々の問題に心を痛め、人々の意識改革に乗り出すべく、環境問題に関するスライド講演を世界中で行うアメリカ元副大統領アル・ゴア。
そんな彼の勇気と希望に満ちた闘いを追いながら、人類が滅亡するまでの真実のシナリオを明らかにしていく。

監督:デイヴィス・グッゲンハイム
出演:アル・ゴア

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
お気に入り度 ★★

ときたま、見終わったときに拍手を贈りたくなる映画に出会います。
これは、そんな映画でした。

なんで拍手を贈りたくなったかというと、みんなが目を瞑っていること、見えていないことに目を向けさせ、目を開かせてくれる内容に感嘆したから。
地球温暖化をテーマにしたドキュメンタリー映画というと簡単に聞こえるけど、映画という媒体を使って世界に訴えることに大きな意味があると思います。
いつも思うことだけど、環境問題にしても、国際問題にしても、まず第1歩は現実を「知る」ことから。
知らなければ意識して考えることも、行動することもできない。
その第1歩である「知る」機会を与えてくれたということに、拍手したくなりました。

最初は、動物をとりあげて環境問題を訴えた最近流行りのドキュメンタリーみたいに、もっと感情的な内容かと思ってた。
(それはそれで、大好きなんだけど・・・『ディープ・ブルー』とか。)
でも、この映画は、理論的でとっても説得力のあるものでした。
多少難しいところもあったけど、ひとつひとつの説明はわかりやすかったし。
唯一、感情に訴えていたと思うのは、「これは政治ではなく、モラルの問題だ」というアル・ゴア氏の言葉。
うん。ごもっともです。
これって、大事なことだよね。

人間、誰しも弱いものだから、便利な生活、快適な生活への欲求というのは、当たり前に持っていると思います。
だから、地球温暖化の問題に真剣に取り組もうと思うには、やっぱり「きっかけ」が必要。
アル・ゴア氏にとっては、事故で息子さんを失いかけたとき。
子どもたちを待っている未来が、今生きている大人たちのために失われて良いのか?
この映画は、その「きっかけ」を与えてくれるものでもあると思います。

さて、次は行動。
身近にできる、簡単なことから始めましょ。
エコバッグ、マイ箸、リサイクル、省エネ・・・簡単にできることはいっぱいある。
それともうひとつ、この映画をひとりでも多くの方に観てもらうこと。

ぜひ、『不都合な真実』を観てみてください。
映画館で観ても、DVDが出るのを待ってもいいし、出版されている書籍でもいい。
映画で観る方は、エンドロールもしっかり読んでね。
一人でも多くの人の意識が変わることを願って・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月17日 (火)

土からポコポコ

5_14月8日に植えたコスモスの芽が出ました!!
1つめの芽を発見したのは13日の金曜日、植えてから5日目でした。
優等生だぁ♪
昨日にはたくさんの芽がポコポコ土から顔を出してきて、な~んて可愛いんでしょ。
思わず顔がほころんじゃいました。
(すごくわかりづらい写真だけど・・・一番最初に出てきた子です)

コスモスの双葉は結構しっかりしていて、しゃきん!としてる。
うちのまわりは風が強くて、しかも海風が吹いてくるから心配してたけど、これなら元気に育ってくれるかなぁ。

しそはまだ恥ずかしがって出てきません。
ちょっと気温が低いのかなぁ。
もう少し、ぬくぬくにしてあげないといけないかも。

植物を育てるって、毎日感動や驚きがあって楽しい♪
これからミニトマトやパプリカの苗も作るつもり。
上手くできるといいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

鶏ささみと梅肉クリームソース

ちょっと前に作ったメニューですが、
これ、美味しかった~♪
私のダンナ様は肉!っていう肉が嫌い・・・特に脂身。
だけど、ささみは食べてくれるので、美味しいって言って食べてくれました◎
ちなみに、私はわさびが嫌いなお子様なのでわさび抜き。

揚げ物って一人暮らしではほとんどやったことがなかった。
油の処理が面倒だし、狭いキッチンでは掃除も面倒だし。
でも、これならフライパンで揚げられるし、後片付けも簡単で、お弁当にも入れられる♪
本当に◎なメニューでした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【材料】2人分
鶏ささみ(4本)/塩・こしょう(各適量)/強力粉(適量)/とき卵(適量)/パン粉(適量)/サラダ油(適量)/バター(ちょっと)/あさつきの小口切り(適量)
梅肉クリームソース:生クリーム(50cc)/おろしわさび(小さじ1/2)/梅肉(適量)

【作り方】
①鶏肉の両面に塩、こしょうを軽く振り、強力粉をまぶして溶き卵にくぐらせ、パン粉をつける。
②フライパンにサラダ油とバターを熱し、バターが溶けたら鶏肉を入れて中火で焼く。狐色になったら裏返し、ときどき油をかけながら焼き、中まで火を通す。
③ボウルに梅肉のクリームソースの材料を入れて混ぜ合わせる。鶏肉に火が通ったら皿に盛ってソースをかけ、あさつきを散らす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

ガーデニング

A_009 ガーデニングを始めました。
引越しの翌々日、突然訪問してくださった我が家最初のお客様、andyさんとmiccoxさんから、素敵なサプライズプレゼントを頂いたのがきっかけ。
頂いたのは、大きくてオシャレなプランターと、スコップやジョウロなどなどガーデニングセット一式、そして土と野菜の種まで!!
頂いた種は、ミニトマト、パプリカ、青じそ、なすび。
私の大好きなものばかり♪
しかも今すぐガーデニングを始められる状態だったから、早速日曜日に種を植えることに。

・・・ところが。
お野菜の種たちは、どうも発芽条件が厳しいらしい。
青じそ以外は発芽するまで25~30℃に保つって書いてある・・・。
う~ん、困った。どうやってそんな高温に保つの?
というわけで、まずは青じその種を植えることに。
青じその種は、軽く土をかけて乾燥しないようにすることが大事。
新聞紙で覆いを掛けて暗くしてあげれば、7日から10日で発芽するんだって。

今回はミニトマトとパプリカとなすは植えなかったけど、お花も少し欲しいということになり、別のプランターにコスモスを植えてみました。
お花は種を植えて、発芽までは乾燥しないようにすれば良いだけだから簡単。
秋には色とりどりのコスモスが見られるかなぁ♪
残りのお野菜たちも、プランターを買ってきて、とりあえずチャレンジしてみようと計画中です。

土いじりって楽しぃ~。
土や種を手で触っていると、優しい気持ちになるね。
生きている命なんだなぁって実感する。
種を植えると発芽が楽しみで、『となりのトトロ』のメイちゃんになった気分。
毎日、まだ出ない・・・まだ出ない・・・。
早く発芽しないかなぁ。

引越しをしてやりたいと思っていたことのひとつが、このガーデニング。
ダンナ様も植物が好きだし、私は虫嫌いだけど、一応農学部出身なので土いじりは好き。
これから2人の共通の趣味として、一緒に楽しんでいければいいなぁと思っています。
andyさん、miccoxさん、本当にありがとう!
残りのお野菜たちも挑戦するので、無事収穫に至るまで応援してください!
収穫できたら、試食会開きましょうね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

初めての二人暮し

寂しかった一人暮らしを卒業して、初めての二人暮し。
他人と暮らすってどんな感じかな?って思ってたけど、なんだか思ったより違和感がない。
今のところ、お互いの暮らし方を、程よく受け入れられてるからかな。
でも、多少習慣が違ったって、お互い突っ込んで笑い合える。
それがすごく嬉しい。

そのうちケンカもするかもね。するね、きっと。
でも、あとでちゃんと仲直りして、お互いを認め合えればそれでいい。
高校生の時もよく言ってた。
「今は泣いても、最後に笑えればいいよ」って。
今までもそうやってやってきたんだから、これからも大丈夫。

二人になって初めて、「帰るところ」ができたと実感できるようになった気がする。
一人で暮らしていた家は「寝る箱」みたいなものだったけど、今の家はちゃんと「帰るところ」って思える。
心の拠り所とでも言いましょうか・・・これって、すごく幸せなことだよね。

正直、今は毎日5時に起きて、朝ごはんとお弁当を作り、洗濯をして、バタバタを家を出る・・・という生活がきついです。
夜になると「眠い顔してるね」って言われるし、実際、通勤のバスの中も爆睡。
それでも、一人暮らしよりずっといい。
ずっと楽しい。
5時起き生活は、徐々に慣れれば上手い手抜きの仕方を覚えるだろうし、もともと朝は強いから、それほど心配じゃない。
夜まで仕事が遅くなるときは大変だけど、まぁ、いいときも悪いときもあるからね。
「なんとかなるよ」で乗り切っていきましょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »