« なすとミニトマト | トップページ | ミニトマト発芽 »

2007年4月27日 (金)

【MOVIE】さくらん

またまた観てからだいぶ日が経っちゃった映画です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
『さくらん』

Photo_488歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・きよ葉は何度も脱走を図るがあえなく失敗。
気位が高く、絶世の美しさと知性を兼ね備えた完璧な高級花魁(おいらん)・粧ひは、そんなきよ葉に花魁としての生き方を教える。
やがて17歳になったきよ葉は、玉菊屋にやって来た青年・惣次郎と恋に落ちるが……。

【監督】蜷川実花
【主なキャスト】土屋アンナ 、椎名桔平 、成宮寛貴 、木村佳乃
         菅野美穂 、永瀬正敏 ほか
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お気に入り度 ★

フォトグラファー蜷川実花さんの初監督作品で、土屋アンナ主演というのに惹かれて観に行きました。
身近な人の前評判は、とにかく「刺激的」だったとか。

そして私の感想は・・・やっぱり刺激的(苦笑)
う~ん、これは確かに色んな意味で刺激的でした。
洋画にはないどぎつさを感じて、中盤で木村佳乃さん演じる花魁が悲劇的(そして衝撃的)な死を迎えたときには、まともに見られなかった・・・。
ストーリーも、う~ん・・・って感じだったし、ちょっと残念。
花魁の在り方を金魚鉢の金魚に例えて進んでいく展開は良かったけど、そもそも馴染みのない花魁の世界がスッと入ってくるまでには至らなかったです。

この作品で監督デビューしたフォトグラファー蜷川実花さんは、すっごくキレイで可愛い写真を撮る方。
私がお手本にしたいと思っている素敵な感性を持った友達の好きな写真家が蜷川さんだったの。
ポップで鮮やかな色合いが多いんだけど、それがうるささを感じさせなくて、とてもおしゃれに見えちゃう。
おしゃれなだけじゃなくて、キラキラして躍動感を感じさせるんだよね。
この映画も、蜷川さんならではの色彩感覚が光っていて、全てのシーンが計算しつくされた絵のようでした。

お花とか金魚とか、素敵だったなぁ。
映像を見ているのはすごくワクワクしました。

キャストもとっても興味があったんだけど、菅野美穂さんの存在感が良かったなぁ。
主演の土屋アンナさんは、無邪気な笑顔を見せているときが一番かわいかった。
蜷川実花×土屋アンナのコラボは写真でもたくさん出ているけど、このコンビはさすがのひとことでした。

|

« なすとミニトマト | トップページ | ミニトマト発芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/6229558

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOVIE】さくらん:

« なすとミニトマト | トップページ | ミニトマト発芽 »