« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

【MOVIE】パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

今年一番の話題作、公開2日目に観に行ったら満席!
前日にチケットを買っておいたから席も悪くなかったけど、最前列で観ていた人は疲れただろうなぁ・・・。
混んでいるのはわかっていても、公開したらもう待ち切れない私です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』

2_3“深海の悪霊”、デイヴィ・ジョーンズと東インド会社のベケット卿が手を結び、海賊たちは滅亡の危機に瀕していた。
生き残る手段は“9人の海賊たち”を招集することだったが、9人のうちのひとりはあのジャック・スパロウだった。
しかし、彼は現在“世界の果て”に囚われていた……。

監督:ゴア・ヴァービンスキー
製作:ジェリー・ブラッカイマー
主なキャスト:ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ
        ジェフリー・ラッシュ、ジョナサン・プライス、ビル・ナイ、チョウ・ユンファ
        キース・リチャーズ  他
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お気に入り度 ★★★

楽しかったけど・・・展開についていくのにいっぱいいっぱい。
アクションとか字幕を一生懸命追っていると、理解が追いつかなかった。
ちょっと頭が痛くなるほど集中して観てたのに・・・。
三部作の完結編だから、今までの流れをちょっと考えながら観ちゃったせいでしょうか。
「ん?どういうこと?」って考えてると、展開がどんどん進んでいっちゃった感じ。
でも、1・2作目の内容を覚えていない人が観たら、もっとわかんなかったんじゃないかな・・・。

このシリーズは、あの独特の雰囲気が出ているだけで楽しめるのがいい。
ストーリー云々よりも、キャラクターの楽しさとか、コメディの要素、ディズニーランドのアトラクションみたいなアクション。
そういうのが楽しい。
シリーズものだけど飽きも来ないし、本当にディズニーランドに行ったみたいなワクワク感。
ジョニー・デップをはじめ、キャストも本当に楽しんでいるんだろうなぁっていうのが伝わってきました。

それにしても、キーラの演じるエリザベスは、1作目から一番キャラが変化している気がする。

バルボッサを演じるジェフリー・ラッシュが、1作目の何倍もかっこいい♪
1作目ではただの悪役だったけど、今作ではちょっといい人だったりもして、ものすご~く人間臭いところが魅力的。
私はどうも悪役顔のオジサマにはまってしまうみたい・・・。

このシリーズでなんと言っても好きなのが、音楽。
かっこいいテーマ曲が流れてくると、なんだか気持ちが高ぶってきちゃいます。
テレビでバラエティ番組なんかを見ていると、映画の音楽ってすごくよく使われているんだけど、最近はこの曲をやけによく耳にする気がする。

映画における音楽の役割ってすごいよね。
昔から、名作の名場面と言われるシーンには、名曲がつきもの。
音楽がいい映画って心に残るし、その音楽を聴けば名シーンが目に浮かぶ。
このシリーズの1作目を観たときは、すぐにサントラを買いに行って、飽きるくらい聴いてました。
それくらい、このシリーズの音楽は私のお気に入り♪

この作品はネタバレしちゃうと楽しさ半減だから書きませんが・・・この結末は、私としてはちょっと不満。
こんなのハッピーエンドじゃない!これって悲劇?と思ってしまいます。
気になるのは、本当にこのシリーズがこれで終わりなのか?ってこと。
ジャック・スパロウには続きがありそうな気がする。
ジョニー・デップは良い脚本ができれば・・・と4作目に意欲を見せているみたいだけど。
シリーズものは3作くらいがちょうどいいと思っている私だけど、これで終わりっていうのもちょっぴり寂しいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月23日 (水)

【MUSIC】Recharge~新たなる旅立ちに~

以前から何度か紹介しているシンガー、葵のCD『Recharge ~新たなる旅立ちに~』がようやく手に入りました
8人のシンガーが1曲ずつ、全部で8曲が収録されたインディーズアルバム。
友人の葵はその1曲目、『Brodiaea』を歌っています。
早速家に帰って、歌詞カードを見ながら音楽鑑賞♪

友達だからというひいき目もちょっとあるかもしれないけど・・・8曲の中で葵の歌が一番好きだなぁ。
8人のシンガーが歌っているから、当然ながら、声も曲調もメッセージも、みんなカラーが違う。
今まであんまり考えたことがなかったけど、歌ってこんなに個性が出るんだ!って、当たり前のことに感心しちゃいました。
そんな中で、葵の歌は私に一番しっくり来る。
素直に心に響いてくる。
考えてみれば、彼女の歌は最初からそうだったから、やっぱり私の好みにぴったりなんだと思う。
高校生のときから気が合って、なんとなく似たような感覚を持っていたから別に不思議ではないけど、こういうのって歌の上手い下手とかじゃないんだろうなぁ。
葵の人柄が表れてる気がする。
それこそ、歌詞にも声にもメロディーにも。
そこに共感できるからイイんだよね。

今回はインディーズだけど、CDとして発売されたというのは葵にとって大きな価値ある一歩!
しばらく彼女に会ってないけど、最近ブログを読んでいるだけでも、彼女が輝いているオーラが伝わってくる。
ライブもぜひ行ってみたい!と常々思っているんだけど、残念なことにいつもライブが月曜日・・・まだ葵の生歌を聴ける機会がありません。
でも、これからもがんばって、次はぜひ葵のソロアルバムを出して欲しい!!と密かに期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月21日 (月)

ごめんね

昨日、我が家のかわいい野菜たちを間引きました。
だいぶ成長してきたコスモス、ミニトマト、おなすたち。
プランターが窮屈になってきて、ちょっと成長が滞ってきてしまったから、そろそろ間引いてあげないと全滅の危機・・・。。
背の低い子もひょろひょろの子も、一生懸命生きている命なのに、摘み取ってしまうのはすごく心が痛んだけど、「ごめんね、ごめんね」って言いながら、1/3くらいの量にしました。
根っこから間引かれた可哀相な子たち、本当は別のところに植えてあげたかったけど、そんなには場所がない・・・。
家の前の空き地に植えてあげようかという考えも一瞬頭をよぎったけど、勝手にその辺に野菜を植えていいものか?という疑問と、いつ工事が始まるかわからない空き地で、いずれ摘み取られてしまうと思うとそれも悲しかったから、考えたあげく断念しました。
でも、せめて自然に返してあげれば良かったな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

良く見えるメカニズム

良く見える商品には、良く見せるメカニズムが存在する。
開発という仕事をしていると、商品の良いところも悪いところも見えてきます。
でも、悪いところは決して表に出さない。
良いところを徹底的にアピールして、その陰に覆い隠してしまいます。
良いところだったら、詐欺にはならない程度に過大評価することもある。
消費者にはわからない上手な隠し方で、良く見える商品が出来上がっていくんです。

開発の仕事はなんとなく華やかに聞こえるかもしれないけど、虚しいと感じることがある。
自分が正しいと思って主張することが、「これは売り方だから」というひとことで覆されたり・・・。
どこで一線をひくかというポリシーは持ちつつも、姉歯の事件やデータ捏造なんかと紙一重だなぁって思う。
こんな風に思う私は、開発という仕事に向いてないんじゃないかな。
素直に、正直に生きたいなぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

ほうれん草ときのこのおひたし

共働きの我が家では、食料品を買いに行くのは週に2~3回がいいとこ。
なので、食材がなくなってくると常備菜でなんとかやりくりしているんだけど、週末が近づくと本当に「食材がない!」という状況も。
先日、そんな状況で適当に作ったメニューが、思いのほか気に入ってもらえました♪

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ほうれん草ときのこのおひたし

【使った常備菜】
・ほうれん草(茹でてから適当な大きさに切り、小分けにして冷凍保存したもの)
・きのこ類(えのき・しめじ・エリンギなどは常備。小分けにして冷凍保存したもの)
・大根

【その他の材料】
料理酒(大1.5)/しょうゆ(大1.5)

【作り方】
① 凍ったほうれん草は解凍し、大根は摩り下ろして水気を切る。
② 酒、しょうゆを煮立て、凍ったままのきのこ類を煮る。(汁気を多少残す程度に)
③ ①と②を和えてできあがり!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

すごい簡単♪おいしい♪ヘルシー♪
ひと手間かけるなら、だしを使ってきのこを煮ればなお良いんだろうけど、忙しい時はこんなもんで・・・。
これに鰹節とかしらすを乗せたら、もう立派な小鉢♪
やっぱり、シンプルなものっておいしいんだなぁ。

手抜きでごめん!って思って食卓に出したものでも、喜んでもらえると嬉しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月15日 (火)

生い茂る

20070514_5・・・って、こういうことを言うんだろうなぁ。
我が家のコスモスが、まさしく生い茂っています。
プランターいっぱいに。
種を植えてから1ヶ月と1週間、毎日すくすくと天に向かって伸びているコスモス。
緑色だった茎が、気づけば赤茶に変わっていて、早くも大人になりかけている感じ。
これだけ生い茂ってきちゃうと、とっても窮屈そう。
間引いてあげなきゃいけない日も近そうです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

母の日

昨日は母の日。
お花屋さんの前を通ると、色とりどりのカーネーションが並べられ、人で溢れかえっていました。
いいね、みんながお母さんに「ありがとう」を贈る日。
カーネーションを選ぶ人を見ているだけで、なんだかあったかい気持ちになりました。

そんな私も、結婚して今年から母が2人。
実家を出てから8年以上が経ったけど、実の母が誰よりも私を温かく見守ってくれる存在であることはずっと変わらない。
一方、義理の母は、近くに住んでいるし、これから先たくさんお世話になる予定の大事な存在。
今年は2人の母に、ささやかな贈り物をしました。

不思議なことに、年を取るにつれて母の存在というのはすごく大きくなってくる。
大学生になって母のありがたみに気づき、社会人になって母の偉大さに気づき、そして自分が家庭を持つようになった今、母に憧れています。
「ありがとう」っていう言葉じゃ足りないくらい。
姉と私が手を離れた今、母には母らしく、幸せであって欲しい。

昨日、贈り物が無事に届いて電話をくれた母は、こう言いました。
「もうこれからはいいんだよ。お義母さんを大事にしてあげなさい。」
違うんだよ。そうじゃないんだよ・・・。
うまく言えないけど、お嫁に行って、これまで以上に母の存在を大きく感じているってことを伝えたいんだよ。
こうやって感謝できるお母さんが居るから、私はこんなに幸せに暮らせてるんだって伝えたいんだよ。
そう思って、ちょっと涙が出そうになりました。

母の日についてこんなに考えたことって今までなかったけど、これからも大事にしていきたいな。
日頃の感謝の気持ちを伝えるきっかけをくれる「母の日」という制度に、ちょっぴり感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月11日 (金)

【MOVIE】スパイダーマン3

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
『スパイダーマン3』

3今やピーター・パーカーの人生は順風満帆そのもの。
スパイダーマンとしてはNY市民にヒーローとして愛され、大学では成績トップ、ブロードウェイ・デビューを果たした恋人MJとの関係も良好で、ついにプロポーズを決意する。
ところが、謎の黒い液状生命体に取り憑かれ、復讐と憎しみの感情に支配されたブラック・スパイダーマンになってしまう。
そんな彼の前にこれまでになく手強い敵サンドマンとヴェノムが表れる…。

【監督】サム・ライミ
【主なキャスト】トビー・マグワイア /キルスティン・ダンスト /ジェームズ・フランコ
         トーマス・ヘイデン・チャーチ /トファー・グレイス /ローズマリー・ハリス
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お気に入り度 ★★★

アメコミものって決してひとりでは観に行かないんだけど、観ると結構面白い。
唯一ダンナ様と休みが一緒になったGW初日、以前から観たいと熱望していた彼の要望に応えて観て来ました。
さすがGW映画の目玉作品だけあって、最前列まで埋まっているという混みよう!
カップルも多かったけど、男性同士で来ている人も多くて、やっぱり男性ってこういう映画が好きなのかなぁ
~と思いました。
史上最高の制作費をかけただけあって、エンターテイメント性は抜群でした。

このシリーズは一応観ていたし、内容もなんとなく覚えてました。
毎回ちょっと切ないのがいいところ。
一応、シリーズ完結編となる今作は、1・2作目で生まれた数々の誤解が次々に解けていってスッキリ。
スパイダーマンが各作品で抱えている色々な葛藤が、決してワンパターンではないけど、一貫性があるっていうのがいい。
ヒーローだけど完全無欠のヒーローじゃないし、必ずしも正義の味方とは言えないところが人間味があるんだよね。

ただ・・・どうも、この映画のヒロイン(MJ)に魅力がないんだよね・・・。
すごい美人でもないし、あっちにフラフラ、こっちにフラフラしている感じで、誠実さもあまり感じられない。
しかもちょっとわがまま。
そんなに取り合うほど?!とつっこみたくなっちゃう感じでした・・・。
最終的に、ダンナ様と達した結論は、「ハリーが一番いい人だったね」ということでした。
それでいいのかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

たくさんの新しい命

20070507ミニトマトと同じ日に種を植えてから2週間、ナスが無事発芽しました!
8日目に発芽したミニトマトからは遅れをとったけど、ナスもしゃきんとしてて、とっても可愛い★
わかりにくいけど、右の写真が顔を出したばかりのナスたち。

今、我が家では新しい命がたくさん芽吹いているところ。
コスモスにミニトマトにナス。
新しい命が身近にいっぱいあるって素敵。
なんだかワクワクする。
毎日成長著しいから、間引かないといけない日も遠くないのかも。
20070507_1コスモスなんて、「茂ってる」という表現がぴったりくるくらい。
間引くってすごく可哀相な気がしちゃうから、そんな日が来なければいいのに・・・と想いつつ、成長を見るのはとても楽しいです。

それから、会社の机に置いてあるタイワンケヤキも、今年の新しい葉っぱをたくさん伸ばし始めました。
去年の2月にぐぐぐっと伸びて以来ちょっと元気がなくて、心配していたところだったんだけど、GWが明けて出社してみたら、若々しく柔らかい葉っぱが色んな方向に飛び出ていました。
社内は年中空調されているし、遅くまで残業している人のために夜でもかなり明々としているのに、この初夏の陽気をちゃんと感じ取って新しい葉っぱを出すんだからすごい!
なんでそんなことができるのか不思議だけど、見ているとちょっぴり力が湧いてくる感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

タイ風春雨スープ

GWが過ぎ、季節はもう初夏。
毎日体力を消耗する仕事をしているうちのダンナさまにとっては、暑さでバテやすくなる季節の始まりです。
そんな彼のために、ちょっとしたスタミナ料理。
大学時代に友人と気まぐれで作ったことがあるんだけど、これが美味しくて。
当時の手書きレシピが残ってたから、5年ぶりくらいに作ってみました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
タイ風春雨スープ

【材料】(2人分)
春雨(20g)/春菊(1/2束)/牛ひき肉(60g)/ニンニク(1かけ)/
しょうが(2かけ)/鷹の爪(少量)/中華スープ(2カップ)/ごま油(適量)

【作り方】
① 春雨を半分の長さにカットし、春菊は食べやすい大きさにカットする。ニンニク、しょうがをみじん切りにする。
② 鍋にごま油とニンニク、しょうが、鷹の爪を入れ、弱火で炒める。
   (弱火で炒めることがコツ!エキスがじんわり出てくる)
③ ②に牛ひき肉と春雨を加え、肉に火が通るまで中火で炒める。
④ ③に中華スープを加え、4~5分煮る。アク取りを念入りに!
⑤ 春菊を散らし、軽く火が通ったら出来上がり♪
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

どこがどうタイ風なのかと言われると・・・よくわかりません。
でも、春菊じゃなくて香草を使ってもOK。
ちょっとタイ風っぽくなるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

たけのこのフライ

大量に頂いたたけのこが残っていたので、続いております、たけのこ料理。
今日はダンナ様が気に入って大絶賛してくれた「たけのこのフライ」をご紹介。
彼曰く、「冷めても美味しい」ので、お弁当にもぴったり♪
でも・・・また写真忘れちゃいました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
たけのこのフライ

【材料】
たけのこ/青じそ/豚薄切り肉/卵/強力粉/パン粉/油

【作り方】
① たけのこを1センチ程度の厚さに切る。
② たけのこに豚肉と青じそを巻く。
③ ②に強力粉、卵、パン粉の順で衣をつける。
④ ③を少量の油で揚げる。色が変わるくらいまで揚げたら出来上がり。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

このレシピを見たら、私の料理がどれだけ適当かわかっちゃうな・・・。
分量も適当だし、油の温度や揚げ時間も全部感覚です。
きっときちんとしたレシピを作るひとって、色々試してみて一番美味しくできる量や時間を研究するんだろうなぁ。
「美味しいなら良いじゃん!」と思ってしまう私は、いくら料理が好きでも料理研究家にはなれそうにありません。

私は青じそを巻いているのを視覚的に見せたかったから豚肉の外側にしたけど、たけのこと豚肉の間に巻いて隠しちゃうのも良いかな。
豚肉に塩コショウで下味をつけてしまっても良いと思います。
今回は下味をつけなかったので、ソースやお醤油をお好みで。
あまり油を使わずにできるし、体積は大きく見えるけど中身はたけのこだからヘルシー。
オススメです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

【MOVIE】バベル

GW映画の中で私の一番の期待作、早速観てきちゃいました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
『バベル』

Photo_49言葉が通じない。
心も伝わらない。
想いはどこにも届かない。
かつて神の怒りに触れ、言語を分かたれた人間たち。
我々バベルの末裔は、永遠に分かり合う事ができないのか?
モロッコの片隅で偶然放たれた一発の銃弾がアメリカ、メキシコ、日本の孤独な魂をつなぎ合わせてゆく。
耳をすませば聴こえてくるはずだ。初めて世界に響く、魂の声が。
2007年、世界はまだ変えられる。

監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
主なキャスト:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル
        役所広司、菊地凛子 ほか
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お気に入り度 ★★★

期待しすぎたのかなぁ?って感じ。
最近、メディアの宣伝も熱かったから、ちょっと拍子抜けすらしてしまいました。

作品のテーマ、設定、俳優さんの演技、ドキュメンタリータッチの映像、音楽、みんな素晴らしかった。
特に、この作品の謳い(上記作品紹介の部分)はすごく好きだし、テーマとして現代人に強烈なメッセージを送っていると思う。
でも何かが足りなかった。
4大陸でそれぞれ進んでいくストーリーの絡み合いが、想像していたような緻密なものではなかったし、思っていたような深い内容とは思えなかったです。
物語の進み方の形態としては昨年のアカデミー賞作品賞を受賞した『クラッシュ』とちょっと似てるけど、『クラッシュ』ほどの巧みさがなかった気がして、なんとなく観終わったときに中途半端な気分になりました。

Photo_50前評判どおり、俳優陣の演技は素晴らしかったです。
アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた菊地凛子さんはもちろんのこと、私の大好きなケイト・ブランシェットもやっぱり上手い。
彼女は作品によって顔も声も違って、別人みたいに見える女優さん。
今回の役は、銃弾に倒れて苦しんでいるシーンばかりで、ほとんど声と表情だけの演技だったけど、さすが。
菊地凛子さんもメディアに出ている時と役の印象が全然違っていて、なるほどと思える演技でした。
モロッコのキャストに現地の素人をキャスティングしたり、なにかと話題の多い作品だったけど、期待しすぎずに観れば、きっと普通に良い作品なんだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月 1日 (火)

ミニトマト発芽

20070501種を植えてから8日目、ミニトマトの可愛い芽が土からぴょこんと顔を出しました!
姿勢が良くて、本当に「ぴょこん」って感じ。
えらいえらい。
ちゃ~んと出てきてくれたね♪
夏すぎにはきっと可愛い赤い実をいっぱいつけてくれるはず!

20070428双葉だったコスモスも三つ葉、四つ葉になって、だんだんコスモスっぽくなってきました♪
最近日差しもGWらしくなって、植物の成長が著しいです。


ところが・・・もやしっ子のようにひょろひょろ生えていた青じそ。
伸びてきたから、そろそろ外に出してもいいかなぁ~なんて思ったのが大間違いでした・・・。
やっぱり、もやしっ子はもやしっ子。
どうやら強い日差しに負けてしまったようで、み~んなへにゃへにゃに。。。
まだ外に出すのは早かったみたい。ごめんね。
でも、青じそを植えるにはまだ間に合う!
このGWにリトライする予定です。
今度はちゃんと丈夫になるまで、室内で大切に育てます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »