« 新しい出発 | トップページ | 見て見て♡ »

2007年7月31日 (火)

【BOOK】ゴッホは欺く

Book_33ジェフリー・アーチャーのミステリー小説。
なんか毛色が『ダ・ヴィンチ・コード』のダン・ブラウンに似ていると思うのは私だけ?
ちょっと想像したくないような殺人の描写や、芸術品がいっぱい出てきて、その土地のことを知らないと,いまいちわからないところが。

それなりに面白かったけど、絵画の知識が乏しいうえに、高い絵画を売り買いする職業というのに馴染みがないから、なんとなくイメージしにくかったな。
ルーマニアの独裁者のこととか・・・歴史を知っていれば、もっと深く楽しめそうだな~というのが感想です。
じゃあ、これを機にルーマニア革命について調べてみれば、とも思うんだけど、なかなかそうはならなくて(笑)
記憶に新しい米国同時多発テロのワールド・トレード・センター崩壊を物語に組み込んでいたのは、ちょっとリアリティを感じた。
映画の『ワールド・トレード・センター』は観たけど、あの映画は救助する側の視点で描かれたものだったから、あの事件でまさに日常が崩壊してしまった人々の恐怖とか心情の描写というのは、本作で読んだのがはじめて。
とにかく何が起こっているのかわからなかったのだと思うけど、たくさんの人々が死に直面し、パニックした状況で、冷静な判断なんてできる人間がいるのかな・・・。
あのテロを経験したひとは、きっと一生あのときの恐怖の感覚がつきまとうんじゃないかなぁと思いながら読んでいました。
小説の主人公はさらなる恐怖と何度も対峙するから、最後の方ではテロのことは忘れかけてた感じだけど。

この手の本を読んでいると、ついつい止まらなくなっちゃう。
この本は1ヶ月前くらいに読んでいたんだけど、バスの中でも寝る前でも、1分でも暇があれば読んでました。
・・・ということは、それなりに面白かったってことかな(笑)

|

« 新しい出発 | トップページ | 見て見て♡ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/7084652

この記事へのトラックバック一覧です: 【BOOK】ゴッホは欺く:

« 新しい出発 | トップページ | 見て見て♡ »