« 咲きました | トップページ | 【BOOK】ゴッホは欺く »

2007年7月28日 (土)

新しい出発

4年と4ヶ月勤めた会社を退社しました。

出社最後の朝、4年間毎日見続けていたフロアを見回して、高校の卒業式の朝に、親友と一緒に校内や思い出のグラウンドの写真を撮りに行ったのを思い出しました。
毎日グラウンドで部活をやりながら見ていた風景とか、憧れてた先輩とよくすれ違った廊下とか、内緒話に最適な隠れ場所とか。
もちろん楽しいことばっかりじゃなくて、怒ったり泣いたりしたこともあったはずなのに、今はただただ愛しい思い出なんだよね。

この会社に勤めたことも、いつかそんな風に思えるのかなぁ。
入社してからしばらくの間、ここに自分の居場所はないと感じていたけど、年月が経つにつれて、やっぱりここが自分の居場所になっていたんだなぁと思います。
仕事をしていて居心地の良い場所とは言えなかったけど、会社で出会った沢山の人たちとの関わりは、ここから生まれたんだもんね。

昨日の夜、家で最後のスピーチを考えていたら、途方もなく涙が出てきました。
これまで辛かった思い出や悔しかった思い出、そんな中でも周りの方々に支えられてここまで来られたという感謝の気持ち、それに対して私は誠意を持って応えられたのかなぁという不安・・・。
溜まりに溜まっていた感情が一気に出てしまったような気がする。
結局泣きじゃくってしまった私を見たうちの旦那さまから、たった一言。

おつかれさま。

あぁ、そっか・・・私はひとりじゃないんだ。
彼には何度こうやって助けられたんだろう。
人生のひとつの分岐点に立っている今、彼が隣にいてくれて本当に良かった。

最後に部内で催してくれた送別会では、今までお世話になった方への愛しさでいっぱいになりました。
私は本当に幸せものだなぁって。
大好きな先輩や後輩に毎日会えなくなるのはすごく寂しい。
でも、今立っているこの道は分岐点だけど、先に進めば通過点に過ぎないんだよね。
そう思って、ここから前向きな気持ちで新しく出発しようと思います。

|

« 咲きました | トップページ | 【BOOK】ゴッホは欺く »

コメント

本当にお疲れ様でした。
送別会の帰りにもなんだか寂しくなってしまって、時折rieさんの事が頭に浮かんできます。
社会人としても、女性としても、しっかりものでやさしくて、なかなかみんななりたくてもなれない存在だと思います。
そして、rieさんとご主人様が、ステキすぎです。お二人は二つで一つですね、そんな二人が近くに居てくださることは、私にとっても本当に心の支えです。これからも、泣きついて突撃訪問するかもしれないですが、その時はせめて軒下で雨宿りくらいさせてください。
本当にありがとうございました。

投稿: miccox | 2007年7月28日 (土) 13時10分

ほんと、おつかれさま♪
卒業式の朝のこと、懐かしいねぇ。
あの朝二人でいろんな写真を撮った時、たった3年間なのにこんなにたくさん愛しい場所ができてたことに、すごーく幸せと寂しさを感じた気がする。あれから、約9年。また同じような気持ちを味わえたこと、幸せモノだね☆

投稿: chie | 2007年7月29日 (日) 15時25分

>miccoxさん
私にとってもmiccoxさんの存在はすごく大きくて、こちらこそ末永くお付き合いして貰いたいです^ ^
またいつでも我が家に突撃してきてね♪
これからもよろしく♡

>chie
ほんと、幸せモノだね。
大切にしたいものがあるって、すごく幸せなことなんだなぁって改めて思ったよ。
この気持ちを忘れないでいたいな。

投稿: rie | 2007年7月30日 (月) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/7084657

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい出発:

« 咲きました | トップページ | 【BOOK】ゴッホは欺く »