« 【MOVIE】めがね | トップページ | フランスの旅 »

2007年10月 4日 (木)

【MOVIE】幸せのレシピ

『めがね』に続いて観たのは、これまた美味しそうな食べ物がいっぱい出てくる映画。
邦題はちょっと安っぽくて好きじゃないけど、原題は『No Reservation』。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


『幸せのレシピ』

Photo_2ニューヨークの人気レストランで料理長を務めるケイトは完全主義者。
仕事に対する情熱は人一倍。
厨房では料理人たちを取り仕切り、目が回るような忙しさの中、正確に、完璧に、すべての料理を仕上げていく。
積み重ねてきたキャリア、努力して手に入れた自信と賞賛、やりがいのある仕事、築き上げた自分の居場所。
でも、気付かない幸せは、自分が決めたレールの外にあるのかもしれない…。
予期せぬ出来事から“完璧な厨房”の外へと踏み出すことになったケイトが見つけた新しい自分とは…。

監督:スコット・ヒックス
主なキャスト:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エーカット
        アビゲイル・ブレスリン

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


お気に入り度 ★★★

キャサリン・ゼタ=ジョーンズは私の好きな女優さんのひとり。
ものすごく迫力と威厳を感じさせる大物女優っていうイメージが強いけど、弱さとか可愛らしさを見せるときがとっても魅力的♡
これはまさに、そんなキャサリンを見せてくれる映画。

そして、この作品にとっても良いスパイスを加えているのが、子役のアビゲイル・ブレスリン。
彼女は
『リトル・ミス・サンシャイン』で、わずか10歳にしてアカデミー賞助演女優賞にノミネートして話題になった演技派女優。
ちょうど最近DVDで『リトル・ミス・サンシャイン』を観たばかりだったんだけど、本当に上手いの。
彼女がスクリーンにいると、自然と目が追ってしまう。
なんていうか・・・目に力がある子だなぁ。
アビゲイルを学校に迎えに行くのを忘れてしまったキャサリンが素直に謝って、アビゲイル演じるゾーイが
「わたしもごめんなさい」
って言ったシーンが、とっても印象に残ってます。
素直にそう言える子って、そう多くない気がする。
けど、アビゲイルは目でそれを言っているからすごいの。

ストーリーはベタと言えばベタ。

よくありそうなロマンチックなストーリー。
でも、観ている私も、とっても幸せな気持ちになれました。


|

« 【MOVIE】めがね | トップページ | フランスの旅 »

コメント

私も今日観てきたよ!
ストーリーはなんとも無い感じだけど
観終わった後に気持がいい映画だね
気に入ったのはスープ?ソース?を目隠ししながら味わうシーン。
それから最後に料理をしている二人。
そこでも味見してるシーンが好き。
お茶目で楽しそうで・・・
三角形の看板も。

投稿: kumi | 2007年10月 7日 (日) 21時48分

僕も楽しめました^^

でもホント、タイトル付け、センスが・・・
ーー;

投稿: 葉山 | 2007年10月22日 (月) 17時43分

>kumiさん
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。

私も目隠ししながらソースを味わうシーン、好きでした♥
この映画みたいに、後味のいい作品っていいですよね!


>葉山さん
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
邦画のタイトルには、時々がっかりさせられます・・・(苦笑)
楽しめたから文句はないんですけどね^ ^

投稿: rie | 2007年10月23日 (火) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/8224788

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOVIE】幸せのレシピ:

» 映画『幸せのレシピ』 [いんどあかめさん日記]
もうひとつ観てきました。キャサリン・ゼタ=ジョーンズが見たかったのと、歌って踊 [続きを読む]

受信: 2007年10月 4日 (木) 22時40分

« 【MOVIE】めがね | トップページ | フランスの旅 »