« フランスの旅 | トップページ | フランス交通事情 »

2007年10月26日 (金)

モネの家と庭

2007_10150028フランスに舞い降りた翌日、まず訪れたのはパリからバスで2時間くらい走った郊外の町、ジヴェルニー。
有名な『モネの家と庭』を訪れました。

印象派で有名な画家・モネが暮らし、沢山の名画を生み出した場所。
モネはジヴェルニーの風景を愛し、この家の庭も沢山描いているけど、このお庭がすごくキレイだった♡
前日の長旅の疲れも吹き飛び、一気にテンションが上がってしまいました。

知る人ぞ知る・・・っていう話だと思うけど、2004年に開催された浜名湖花博では、このモネの家と庭が再現されて、今も浜名湖ガーデンパークに残されています。
私はそれを何度か見ていたから、実際のモネの家を見たときの感想は
「うわぁ~、ガーデンパークと一緒だ!」
でした(笑)

2007_10150036でもね、やっぱりよく見ると全然違う。
すごく広いお庭に、ものすごい数のお花がキレイに咲いていて、睡蓮の浮かぶ池に緑色の橋・・・。
ここが本当にモネの生きた場所なんだなぁと思って見ると、とっても感慨深いものがある。

それからやっぱり違うと思ったのは、周りの風景。
当たり前と言えばそうなんだけど、モネの家と庭がジヴェルニーの風景にとけ込んでいて、とてものどかな雰囲気。
時間の流れがゆ~っくりになったような気さえしました。

建物の中には、モネの作品や実際にモネが使っていた調度品。
そして日本の有名な浮世絵もたくさん展示されていて、こんなところで日本に出会ったことにちょっとびっくり。
当然、外国人の観光客もたくさんいたので、広重の浮世絵なんかを熱心に見ている姿を見ると、なんだか日本人として誇らしく思えたりもしたな。

とにかく、モネがこの土地を愛し、美しい庭を愛し、一生を終えるまで過ごしたというのもうなずけるくらい、素敵なところでした。


2007_10150034


|

« フランスの旅 | トップページ | フランス交通事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/8625264

この記事へのトラックバック一覧です: モネの家と庭:

» 浜名湖花博その7 [気まぐれ写真館]
2004年7月16日に撮影した浜名湖花博会場入り口です。 この日はとにかく暑くて大変でした。 [続きを読む]

受信: 2007年10月31日 (水) 09時54分

« フランスの旅 | トップページ | フランス交通事情 »