« フランス交通事情 | トップページ | ものおもい »

2007年11月 1日 (木)

シャルトル大聖堂

2007_10150414_2今日はフランスで最も美しいゴシック建築のひとつと考えられている、シャルトル大聖堂について。
世界遺産として名前くらいは知っていたけど、これほど美しいとは!
ひと目見て、「かっこいい!」と思いました。
かっこいいと言っても、凛としていて、なんとなく女性的な優美さを感じる建物。
澄んだ青空にすごく映えるの。
この日は天気も良かったから、聖堂の前ではスケッチブックを広げている人がいっぱい。
その姿がまた絵になるんだな。

2007_10150451 中に入ると、そこにもスケッチブックを広げる人々が。
聖堂の中は天井が高くて、入ってくるのは見事なステンドグラスから差し込むほのかな光だけ。
ステンドグラスのいくつもの絵を見上げていると、ついついポカンと口が開いちゃう(笑)
バラ窓だけでも何十もの絵が描かれていて、一つ一つの絵の意味は私にはわからないけど、ぜ~んぶ意味がある。
そう考えただけで、とてつもない壮大さを感じたなぁ。

こういう聖堂にいる時の心境って、とっても独特で結構心地いい。
心が落ち着いて、自然と尊敬の気持ちが湧いてくるかんじ。
日本のお寺とか神社でもこういう感覚ってあるけど、日本の建物以上に、建物が歴史を物語っているように感じる。
旅をすると心が洗われるって言うけど、それを実感した瞬間でした。







|

« フランス交通事情 | トップページ | ものおもい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38778/8711543

この記事へのトラックバック一覧です: シャルトル大聖堂:

« フランス交通事情 | トップページ | ものおもい »