2006年12月12日 (火)

【DRAMA】功名が辻(最終回)

とうとう終わってしまいました・・・『功名が辻』。
このブログの『功名が辻』の連載(笑)も今回でおしまい。
数年ぶりに大河ドラマを1年通して観て、しかもブログに感想を載せて、思いのほか楽しむことができました。

大河ドラマの最後って、いつも期待に反してすごくあっさり終わっちゃう気がする。
解説が多いから、いまいち主役から焦点がずれて、ドラマチックにになりきれない感じ。

一豊は脳血栓だか脳梗塞で、前半30分で亡くなってしまいました。
でも、幸せな死に方で良かった。
家臣たちにちゃんと自分の言葉で遺言を伝えられて、愛する千代の腕の中で亡くなったんだから。
こんな幸せな死に方は、そうそうできないよね。

一年間このドラマを観て、一豊と千代の夫婦の姿に、私はすごく憧れてしまいました。
本編終了後の解説で言ってたけど、二人の墓碑は、同じ大きさのものが奉られているんだって。
この時代のものとしてはめずらしいことらしい。

でも、確かにこの二人を見ていると、対等な愛って感じがする。
お互いを尊重して、思いやる。
当たり前で単純なことなんだけど、たいていのカップルは馴れ合って邪険になったり、身勝手になったり、信じられなくなったり・・・。
相手の気持ちを大切にするっていうことが、どうしてできないんだろう?って思うことがある。
一豊と千代のように、いつまでもお互い敬意と感謝の気持ちを持てる夫婦・・・憧れます。
二人の間には落ち着いた愛情のなかに、情熱みたいなものもあって、とっても素敵な恋愛ドラマみたいでした。

それから、現代の日本で豊かな暮らしをしている自分は、なんて幸せなんだろう・・・って何度も思ったな。
いつも愛する人の命を心配していなきゃいけなかったり、自分の明日の命を心配しなければいけなかったり。
逆に、命を奪わなければいけない苦しさとか、飢餓のように死にも増す苦しさもあって、心が痛くなりました。
これは単なる「昔の話」ではなく、今の生活は苦しんだ人々の土台があってこそ成り立っているんだよね。
そして、今もなお、世界には同じように苦しんでいる人がいる。
そういうことを、気づかせてくれました。
「幸せだなぁ」って思うのはもちろん素敵なことだし、いつもそう感じていられればいいなって思う。
でも、「幸せだなぁ」って思うときには、感謝する気持ちを忘れないでいたい。
決して人は一人では幸せになれないんだなぁと思いました。

上川隆也さんの今後のお仕事はどうなってるのかなぁ。
もっとドラマを見たい気もするけど、これだけテレビに出たあとだから、舞台が恋しくなってるかもね。
私個人としては、映画に出て欲しい。
10年前から上川さんファンだった私(高校生にしては渋い・・)は、「いつか絶対に大河の主演をはる人だ」と信じて疑わなかったので、毎週上川さんの演技が見られて大満足でした。

あと3週間足らずで2006年もおしまい。
来年の大河ドラマは
『風林火山』。 
甲州武田軍の軍師・山本勘助を描いた戦国ドラマです。
キャストには山本勘助役に内野聖陽さん、武田信玄役に市川亀次郎さん、上杉謙信役にGacktさん(!)・・・などなど。
う~ん・・・見るかなぁ?
気持ちは早くも2008年の大河『篤姫』(宮﨑あおいさん主演)に向かってるんだけど(笑)
ま、初回はとりあえず見てみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

【DRAMA】功名が辻(第48話)

大河ドラマとはいえ、一種の恋愛ものを見ているみたいだね。
一豊と千代が年を取ってもお互いを尊重し、思いやっている姿は、夫婦の理想像みたい。
暇をもらうと言って出て行ってしまった千代を連れ戻すために、嘘をついて呼び寄せたり、普段は寡黙なの一豊が、千代にわかってもらいたい一心で懸命に語るシーンは、なんだか微笑ましい気持ちになりました。
演じている上川隆也さん自身の印象と、すごく重なる部分がある。

一豊と千代の関係が「いいな」って思うもう一つの理由は、千代が率直なこと。
一豊は山内家の長だから、家臣たちはなかなか本音を言ってくれないということもあるでしょう。
そんな中で、唯一本音を言ってくれる千代は、一豊にとって感謝すべき存在だと思います。
それに、千代もそれがわかっていて、率直にものを言っているような気がする。
自分自身が成長し続けるためには、耳の痛いことを言ってくれる人を大事にしなければいけないんだよね。

京都から土佐にやってきた一豊と千代の養子“ひろい”が、良い事を言ってたな。
一領具足の長たちを騙まし討ちにしたことを一番悔いて、苦しんでいるのは一豊だと。
うん、そうなのかもしれない。
自分の罪ときちんと向き合える人は、誰よりもその本人が一番苦しむんだろうな。
苦しむから許されるというわけではなくて、それが罪に報いることなんじゃないかと思う。

来週はついに最終回。
やっぱり一豊は亡くなってしまうみたいです。
それは仕方ないとして、山内家の行く末はちょっと気になる・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月29日 (水)

【DRAMA】功名が辻(第47話)

悲劇・・・。

土佐の国主となった一豊は長曾我部の残党である一領具足を平定できずに、大阪にいる家康から無言の圧力をかけられている状態でした。
一国も早く土佐を平定しなければ一豊自身の首が危ないという六平太は、一領具足の頭たちを一掃することを企てます。
それは、頑強な頭たちを相撲大会と言って誘い出し、だまし討ちにしようということ。
そんなの、虐殺以外のなにものでもない。
この策略によって、一領具足の頭たちに加え、新一郎、六平太の命が失われてしまう・・・。
六平太は非情なこの策略を提案したその人ではあるけど、山内家を守るため、千代を守るため、全てを賭けてのことでした。
大切なものを守るために、大切なものが喜ばないやり方で事を運び、自分の命を絶つ。
それだけの覚悟をして千代を守ろうとした六平太だけど、救いようのない、嫌な気持ちになりました。
一豊が千代に相談してさえいれば、こんなことにはならなかったのに。

一豊は、信長や秀吉のやり方に苦しんで、学んだんじゃなかったの?
苦しんで学ぶということには大きな意味があるように思うけど、同じことを繰り返していたら、何も学んでいないのと同じ。
「暇を貰いたい」と申し出た千代は、ごく普通の感覚だと思う。
一豊にとっても、千代の理解を得られないこと、千代を悲しませることは一番の痛手のはず。
やりきれない気持ちになります、こういうのって。

来週はもう12月。
功名が辻も残すところあと数回です。
もともと上川隆也さんを目当てに見始めただけなのに、こんなに毎週よく見られたな~。
しかも、大河ドラマが楽しいって初めて思った。
あと数回で終わってしまうのは残念な気がするけど、クライマックスが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月22日 (水)

【DRAMA】功名が辻(第46話)

土佐二十万石となった山内一豊は、夢だった一国一城の主になったわけだけど、話はそう簡単にいかなかった。
土佐には一領具足という者たちがいて、新しい国主の受け入れを拒んでいたから。
彼らは武士ではなく、普段は農作業に従事する農民だけど、ひとたび招集がかかるとすきやくわを刀と槍に持ち替えて召集に応じる、言ってみれば半農半兵。
身体も大きくて、泥臭い、いかにも屈強な雰囲気。

たまに映し出される土佐のお城がカッコイイ。(中村城?)
お城って白いのしか見たことがないんだけど、土佐のお城は外壁が黒。
ちょっと怖いという印象も受けるけど、モダンな感じがして、しかもとても男性的だと思う。
甲冑でかためたような頑強な雰囲気を醸し出している。
建築士のはしくれの私は、お城にとっても興味がある。
造りもそうなんだけど、デザインというか、たたずまいというか。
日本のお城って独特の雰囲気で、文化や歴史を表しているように見えるからね。
一豊は土佐入りして、これから高知城を造ろうというところ。

秀吉の妻・寧々が、千代にこう言っていました。
「男は力をもつとおかしくなる」と。
信長や秀吉がそうだったように、国主になってちょっと浮かれ気味の一豊を案じての言葉。
それを聞いて、「一人の人間が力を持ったときに、国が良くなったためしがない」という、灰谷健次郎さんの『砂場の少年』という本に出てくるセリフを思い出した。
千代は苦い思いで一豊を見守っていたと思います。

千代と言えば、仲間由紀恵さんの演技については以前から何度か触れてきたけど、やっぱり気になる・・・。
最初の頃に比べれば慣れたけど、上手い女優さんではないなぁと思ってしまいます。
CMに出ているのを見ても思うんだけど、特に、ちょっとおどけたりはしゃいだような演技が入ると、無理があるように思えてしまう。
私の中での彼女のイメージとちょっと違うのかも。

今回、一豊と土佐の海を眺めながら話していた千代が、何かの衝撃を受けて崩れ落ちるところで話は終わっています。
もしかして撃たれちゃったの?!
でも・・・次週予告ではちゃ~んと生きてました。
何が起こったのかは、来週のお楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月13日 (月)

【DRAMA】功名が辻(第45話)

天下分け目の決戦が終わり、勝利したものの途方もない虚しさを覚える一豊。
千代は一豊の無事を喜ぶも、一豊は一気に老け込んでしまったように見えました。
当然と言えば当然なのかもしれない。
もともと石田三成を憎んでいるわけでもなく、豊臣への忠義という意味では同志なのだから。
誰もが迷った挙句に、敵や裏切り者になってしまっただけ。
それを真摯に受け止めて悩む一豊は、とても誠実な人だったんだと思う。
今更だけど、演じている上川隆也さんのイメージにぴったり。

一豊は関が原での働きによってようやく土佐一国をもらい、念願だった一国一城の主となりました。
千代とともに喜ぶ一豊の笑顔は、久しぶりの心からの笑顔。
でも、六平太の警告によると、土佐は一筋縄ではいかない、戦って手に入れるしかないと言う。
家康は一豊を試しているのだと。
来週はまた凄まじい展開になりそう。

ずっと書こうと思って(忘れて)いた六平太について。
忍(しのび)としていつも千代にいち早い情報をもたらす六平太。
彼は、本当に命を掛けて千代を守ろうとしているんだなぁと思う。
それも、千代を自分のものにしようとかいうのではなく、千代が生きていてくれさえすれば良いという類の愛情。
一豊に「千代のために生きて帰れ」とか言うし。
ちょっと横柄な口をきくから、キャラクターとしては実はあまり好きになれない。
でも、千代のために一豊を生かそうとする強い愛情は、素敵だと思います。
彼は千代が生きていれば幸せなんでしょう。
六平太を演じる香川照之さん、最近ちょくちょく映画やドラマで顔を見かけます。
甘い役、おちゃらけた役、シリアスな役、悪役、いろんな役をこなす、幅の広い役者さんです。
こういう人を名脇役と言うのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

【DRAMA】功名が辻(第44話)

3週間、焦らしに焦らしてやっと関が原へ。
番組の冒頭にあるいつもの解説にもアナウンサーが登場したりして、ここが最大の見せ場なんだなっていうことがよくわかりました。
でも・・・内容としては・・・。
一豊が戦場ではいつもと人が変わったように鋭い決断をすることと、家康が一豊に厚い信頼を寄せていること、そしていくつもの裏切りがあったおかげで家康率いる東軍が勝利したこと・・・が、さらりと描かれていました。
関が原にこじつけるまでがじっくりと描かれていたから、なんだか拍子抜け。
ただ、戦いのシーンはすごいなぁと思いました。
映画でもないのに、あれだけの規模で撮影するのは大変なんだろうな。
どうやって撮ってるんだろう。
私が真面目に払っているNHK受信料で作られているんでしょうねぇ・・・。

一豊の身を一心に案ずる千代が、「千代は戦を憎みます」と言っている姿。
これまでにもこんなシーンは何度かあったけど、これが本音だよね。
戦が終わった後、屍に大地を覆われた関が原を行く一豊が「屍を踏まないように」と命令する姿があったけど、このときの一豊は千代と同じ気持ちだったんじゃないかと思う。
大義名分をもって戦っても、終わった後にこみ上げてくるような虚しさが感じられた。
そう思うと、今回のみどころは、この一豊のシーンだった気がします。
上川さんの演技には拍手です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月31日 (火)

【DRAMA】功名が辻(第43話)

一豊が意外なしたたかさを見せた。
徳川に味方すると決意し、その忠義を示すために三成からの書状を家康に差し出した一豊。
けれど、さらに厚い信頼を得るため、軍議の場で「掛川城と領地を全て差し出す」と進言しました。
この案は、もともと茂助が自分の息子に「浜松城を差し出せ」とアドバイスしたもの。
茂助の子が迷って進言できずにいる隙に、一豊がその言葉をそっくり頂いてしまったというわけ。
後で一豊も謝っていたけど、思わず「ずるい!」と思ってしまいました。
千代の機転で幾度もの困難を乗り越えてきた一豊は、ただのお人好しなんじゃないかと思ってたけど、思ったよりしたたかな人だったのかもしれない。

今回は家康が諸大名の忠義を試す様子を中心に描かれていたけど、三成との戦はもう目前。
お互い腹の内の読み合いを繰り返しているけど、実際に相手が何を考えているか、本当にちゃんとわかっていたんでしょうか。
戦国時代だって交渉による解決という概念がなかったわけじゃないと思うんだけど、そんな努力はする気もなさそう。
お互いのことを理解することもせずに、傷つけ合って血を流すなんてナンセンスだと思うし、悲しくなる。
今でも世界で紛争や戦争が絶えないのは、やっぱり理解し合えないからなんだろうと思う。
価値観の違いだったり、利害関係だったり、色んな理由をくっつけて戦争をしたがるけど、角度を変えて見てみれば違う見方がきっと出来ると思うんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

【DRAMA】功名が辻(第42話)

大阪城下の大名の妻たちを人質に取るという石田三成の画策により、家康側に回った大名の妻たちは荷物などに紛れて必死の脱出を試みる。
そんな中、意を決しかねていた一豊の妻・千代は、知恵を働かせ、強気な態度で大阪城に上ることを拒みました。
「山内一豊の妻だから、一豊以外の人の命を聞くことはできない」と。
掛川と大阪という離れた地にいながら、夫・一豊の決断を強く信じていることが感じられました。
この時代、当然電話やメールなんてできない状況で、千代と一豊のやりとりは手紙。
もちろんバイク便なんてないから、人間の足やせいぜい馬に頼るしかない時代。
大阪から掛川まで徒歩でどのくらいかかるのかわからないけど、もどかしい時間なんだろうなぁ。
手紙を誰かに託して、返事が届くまでには数日かかるはず。
もしかしたら、すれ違うことだってあるかもしれない。
待つ、信じるという忍耐が必要な時代だったのだと思う。
少しでも一豊の役に立つようにと、大阪にいた家臣たちを掛川に送った千代と、千代の身を心配して、弟の康豊を大阪に送った一豊。
お互いを思いやる姿が素敵な夫婦だな。

石田三成に追いつめられた一人に、細川家のたま(細川ガラシャ)がいました。
キリシタンの彼女は、自ら命を絶つことができないため、家臣に最期を委ねました。
潔いというか、意思が強いというか・・・、その揺るがない精神はどこから来るんだろう?と思いました。
長谷川京子さんの演技はとっても印象的だったなぁ。

いよいよ、一豊が家康に加勢することを決意しました。
でも、なんでなのかよくわからなかった・・・。
千代を経由して届いた三成からの文を見もせずに、家康への加勢を決めたというのはどういうこと?
決断はなんだかカッコよかったけど、正直よくわかりませんでした。
来週はいよいよ『決戦へ』。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月19日 (木)

【DRAMA】功名が辻(第41話)

天下分け目の合戦、関が原の戦いに向かって登りつめていく緊張感が感じられる内容でした。
病に倒れても豊臣への忠義を捧げるつもりでいた中村一氏も、家の存続のことを考え、ついに家康の方へ。
生き残ることと、忠義は別・・・ということでしょうか。
ますます、一豊の決断が気になる。

一方、世の中には、命を賭してでも忠義を貫くという人もいる。
このドラマの中では石田三成がその立場だけど、果たして、豊臣のため=人民のため、なのでしょうか?
ドラマを観て歴史の流れはだいぶわかったけど、秀吉がどんな世の中を作ろうとしていたのか、何をしたかったのかっていうのは、結局よくわからなかったな。
そして、天下を虎視眈々と狙っている家康は、どんな世の中を作ろうとしているんだろう。
このドラマは人間と人間の駆け引きが色々表現されているけど、政治的な色はあんまり強くないのかもしれないな。
10ヶ月間観ていて、ようやくそんなことに気づきました。
ふとそう気づいたのは、やっぱり「どうしてこの人たちは戦うんだろう?」という疑問が拭えないから。
命を賭けるならそれだけの理由があるはずで、世の中を良くしようと思っているのかもしれないけど、それが伝わってこないのが残念。

次回は久々に長谷川京子さんが演じる細川ガラシャが登場するみたいだけど、悲しい結末になりそう・・・。
その他にも大きな展開がいっぱいありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月11日 (水)

【DRAMA】功名が辻(第40話)

ただの百姓だった秀吉が一代で築き上げた天下が、秀吉が亡くなったことによりあっさりと崩れ去ろうとしています。
支配する関係って脆いんだなぁ・・・。
家康は本当に頭がキレるうえに、やっぱり人を見抜く力があると思いました。
肝心なところで我慢して待つということができない三成を、きちんと見抜いていました。
秀吉にはなかった慎重さが感じられる。

朝鮮出兵から戻ってきた諸国の大名たちが、三成に怒りをぶちまけ、家康のもとへ馳せ参じました。
7年間も故郷を離れ、見知らぬ地で過酷な戦いを続けてきたんだから、憤りを感じるのは当然。
日本はこのときから、何度も同じようなことを繰り返して来たんだろうな。
今の平和って、つくづくこういう出来事から得た教訓のうえに成り立っているんだと思いました。

豊臣か家康かで大名たちが右往左往するなか、「旦那様はどちらにつくのですか?」と千代に問われて答えられない一豊。
逆に千代に問い返すと、「静観する」と答える千代。
やっぱりちょっと頼りないな、一豊は。
現代でも、意外と男性より女性の方がきっぱり言い切れちゃったり、潔かったりするから、そんなものなのかな。
女性から見たら、そういうときこそ男性にはどーんと構えていて欲しいけど。

来週のタイトルは『大乱の予感』。
ということは、まだ関が原の戦いには至らないみたい。
だけど、ここへきてようやく私の中で歴史が繋がりました。。。
学校で習った日本史なんてちっとも頭に入ってなかったし、『漫画で読む日本の歴史』だって全部揃ってたのに、ちっとも面白くなかった。
だから、小中学生のときには大河ドラマなんて興味すらなかったし。
今、こうやって毎週欠かさず大河ドラマを観て、楽しめているっていうのが不思議。
きっかけは上川隆也さんが主演だからっていうだけだったけど。
私もオトナになったってことかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧